スポンサードリンク

ダイエット食事のいろいろの最近のブログ記事


近年では男性のダイエッターが増えているようです。
ダイエットのきっかけは会社でも健康診断に取り込まれたメタボリックシンドロームを予防・解消したいという方も多く意外と男性の方が女性より健康志向が強いのではないでしょうか。
また糖尿病や高血圧など肥満による合併症を予防する目的もあるようです。
アメリカでは仕事で成功するためには太っていては不利といわれているように日本でも少なからずアメリカの影響を受けているようです。
しかし男性のダイエッターでありがちなのが朝食抜きダイエットです。残念ですが食事を抜くというダイエットは決して良いものではありません。
食事を抜くという行為は最初は体重も減って効果が出てきますがだんだん体はその状態に慣れてしまいます。
すると見る見る間にリバウンドしてしまったり痩せにくい体を作ることになってしまいます。
特に一人暮らしの男性に朝食抜きダイエットを行う人が多いようで朝食は摂らないで昼、夜と油物やお肉をふんだんにとり野菜は食べない。聞くからにバランスの悪い不健康なダイエットになってしまっています。
また早食い傾向にある男性も多いのではないでしょうか。
食事を早く食べる方は満腹中枢が刺激されずに満腹感を得ることが出来ずに過食してしまいます。それではダイエットをしても全く意味がありません。
まず早食い傾向にある方は食事をよく噛むことをこころがけましょう。
痩せるための秘訣は運動を続けつつ食事内容を見直すことにあります。
通勤時に出来るだけ歩いたり階段を使うようにしたり日常生活の中から体を動かしていくように努力し食事の内容にも気を配れればあなたのダイエットは成功するでしょう。


最近では食事の置き換えダイエットが流行っているようです。
置き換えダイエットとはどんな方法かというと朝、昼、晩3食のうち1食〜2食をダイエットフードに変えて摂取する方法でシェイクやスープ、クッキーなど
短いスパンで痩せることができるのが人気の秘訣なようです。
現在ではたくさんの会社が置き換え用のダイエットフードを販売しており選ぶのに困るほどです。いくつかためした方も多いのではないでしょうか。
置き換えダイエットの食品は主食がわりにしなければいけないことから必要な栄養素を凝縮して味や腹持ちのよい工夫がされています。
中でも好評なのはビタミン類を入れて美容も手助けしてくれているダイエット食品です。
バリエーションも豊富で食べ応えのあるものからすごいカロリーの低いものまで選んでいるだけで楽しくなってしまいます。
そして料理や運動など忙しくてなかなかダイエットに踏み切れない人でも実に手軽に実施することが出来るのでいまではダイエットの定番と言ってもよいのではないでしょうか。
摂取方法もそのまま食べるだけだったり牛乳に混ぜるだけ、お湯をかけるだけ、シェイクするだけと時間がなくても簡単に摂取することができます。
しかし1品しか食べれないので満足感が得られなかったり、いくら腹持ちが良いとはいえ少量の摂取では空腹に耐え切れなかったり、過度な置き換えで摂食障害に陥ってしまったりと
落とし穴もいっぱいあります。
短期間やあと一歩などのときは有効かもしれませんが長期で行う必要のある人はよく考えて取り入れていきましょう。


女性の方はダイエットをするにあたって痩せる時期、「痩せ期」があるのはご存知でしょうか?
ダイエットにはバランスの取れた食事と運動が欠かせないのですがキレイに痩せるにはこの痩せ期も大いに活用して効率よくいきたいものです。
この痩せ期とはいったいいつのことなのか?ここで大事なのが生理なのです。
女性は生理周期に合わせてダイエットを行うことで痩せる効果を発揮しこの痩せ期にダイエットを行えば体重も減りやすくなります。
ではその痩せ期とはいったいいつなのか?それは生理が終わった日から排卵日くらいまでの期間で生理周期にもよりますが普通の方で2週間みておけばいいでしょう。
この2週間は新陳代謝もあがり痩せやすい環境になっています。そこに運動と低カロリー食を取り入れることでグンと痩せる効果を発揮することができるのです。
また逆に言ってしまえば排卵が始まってからの生理開始までの高温期には黄体ホルモンの影響で新陳代謝が低下し痩せにくい時期に突入します。
この時期は体が脂肪を溜め込もうとする時期でダイエットを行っても効果はあまり現れず、諦めて挫折してしまったり生理前のよくある食べたい欲求に勝てず食べ過ぎてしまったりしてしまいます。
この痩せにくい時期こそ踏ん張りどころだということを覚えて置いてください。
そしてダイエット食を試みる時期も痩せ期を選べば良い効果が期待できることでしょう。
女性特有の生理周期をフルに活用してダイエット食や運動をを行っていくことで健康的なダイエットをしていきましょう。


産後のダイエットはまず赤ちゃんのことを優先的に考えて食事も母乳にいい食べ物を選択して摂取していきましょう。
産後母乳で育児するかたは特に痩せやすい時期でもあるといわれています。
食事と適度に体を動かしていくなど努力次第で妊娠前よりも痩せることができるのぜひ頑張ってスリムになりましょう。
しかし質のよい母乳を出すためには栄養のバランスを考えて食事を摂る必要があります。
産後にムリなダイエットをしてしまって赤ちゃんが母乳不足になってしまったら元も子もありません。
良質は母乳を出すためには体に必要とされる栄養素をバランス良く摂取して母乳を与えることによって不足されがちな鉄やカルシウムなどを積極的に摂取しましょう。
赤ちゃんの体の基礎となるたんぱく質はとても大事な栄養素です。たんぱく質もよいものを選びダイエットと平行していくのであれば白身魚やお豆腐などを取り入れていきましょう。
また洋食よりは薄味の和食の方が母乳とダイエットのためにはよいでしょう。
とくに小魚や小松菜などの青菜、プルーンはおやつとして食べるのもよいでしょう。
育児によるストレスで過食に走ってしまう方のいるようですがきれいな体を目指したいのであればそこはぐっと抑えて違うことで発散できるように心がけましょう。
過食をしてしまうことで産後弛んだお腹の上にさらにお肉をつけることになり産後太りの原因になってしまいます。
正しいダイエットを行うためにも母乳とうまく付き合って食事内容を考えることで子育てもダイエットも成功させましょう。


ダイエットに最適なレシピとはどんなものなのでしょうか。
ダイエット中の方の食事にはカロリーや脂質は低くそれでいてビタミンやミネラルは豊富に摂ることがよいとされています。
食材やドレッシングなども塩分や油、脂肪などに気をつけて使用していく必要があります。
そこでダイエット中の方にぴったりな健康的な食材をご紹介したいと思います。
まずはヘルシーな鶏肉、イカやタコ、お肉でしたら赤身のものを選びましょう。そして豆腐です。
これらのものを中心に取り入れてみてください。
鶏肉でしたらささみ肉を焼く。さらに上級の健康レシピは蒸し料理です。蒸すことによって余計な油を落としてくれますのでさらにヘルシーに
一緒に野菜もたっぷり入れて蒸してしまえば1品簡単に出来上がりです。
ここに使うタレも唐辛子の辛味やゆずでシンプルにいただきましょう。
塩や市販のドレッシング類を使わなくても風味を活かし低カロリーな飽きの来ないおいしい食事を楽しんでください。
また体を温めるメニューが代謝をあげることからダイエットには最適とされています。冬にはお豆腐に根野菜、牡蠣などをたっぷり煮込んだお鍋なんかもいいでしょう。
亜鉛や鉄分などが豊富に含まれている牡蠣は美容にもよくダイエットに不足しがちなミネラルを補給することが出来ます。
また健康のためにもお酢を食事に取り入れてみましょう。
そのまま飲むのも流行っていますがマリネにしたり漬物にしたりしてもおいしく食べることが出来ます。
ノンオイルのツナ缶も気軽にとることができて幅広いレシピにも使え制限しがちなたんぱく質を補うには最適な食材です。
ダイエット中の食事は注意すべきことが多すぎてとても大変です。
しかし自分で健康的な料理を作ったりレシピを考えたり楽しみながら行うことがストレスを感じず成功するダイエットにつながっていくことでしょう。


最近テレビなどで大流行を引き起こしたのがレコーディングダイエットです。
これは食べた食事の内容をただ記録するというもので書いているうに無意識に食べすぎを見直して食欲を抑える効果があるというものです。
「いつまでもデブと思うなよ」という岡田斗司夫さんが書いた本により一気に人気が急上昇しテレビなどでも取り上げられているので
このダイエット法を取り入れている方はたくさんいるのではないのでしょうか。
著者の岡田さんはこのレコーディングダイエットで体重を50キロ以上もも落とすことに成功し体脂肪もなんと25%も減らすことができたのです。
このダイエット方法は食べたものとそのカロリーを記録するだけですので紙とペンがあれば誰でもすぐに始めることができます。
過食気味の方は特に食習慣の見直しに役立つのでおすすめで口コミでも大人気です。
自分の食生活を記録して見直していくことでカロリーの高いものや油の多いもの、甘いものや間食などに気付かされます。
すると自然に間食をやめたりカロリーの低いものを食べたりと自分の中で食事に気をつけることができそれがダイエットにつながっていくのです。
そしてこのレーコーディングダイエットは方法自体が書くだけ!とすごくシンプルであり、年齢や性差も問わずにはじめることができるので忙しい中高年の男の方にも大人気と言うわけです。
書いているだけで食生活を見直すことが出来て気がついたら自分からダイエットを行っていた!そんなレコーディングダイエット一度お試しすることをおすすめします。


産後にダイエットを始める方が芸能人などの影響からか増えているようです。
子供を産んだ後もスリムな体をしているかたは憧れの的ですね。
妊娠前の体重に戻すためにも産後ぜひダイエットに取組んでみませんか?
出産後のダイエットは食事や運動に特に注意する必要があります。
妊娠中のお腹周りの弛みや出産で開いた骨盤を元に戻す必要があることからも女性の体は妊娠、出産をすることにより大きく変化してしまいます。
だからといってダイエットも何もせず生活していればたるんだお腹の上にさらに脂肪が蓄積されることになりますます太く痩せにくい体へと変化してしまいます。
また骨盤も開きっぱなしの歪んだ状態でいることで便秘や生理痛、股関節の痛みなど様々な症状を引き起こす恐れがあります。
したがって体のためにもダイエットに最適な食事と運動を心がけ体を引き締めていく必要があります。
といっても産後のダイエットは一般のダイエットとは異なる点があり母乳で赤ちゃんを育てる方が該当します。
母乳で育児をする方の食事も低脂肪、高たんぱくは基本ですが母乳を出すためには1日に700キロカロリーが必要になります。
それでは普通のダイエット食ではカロリーが不足し栄養不良の母乳や母乳が止まってしまう恐れもあります。
産後のダイエットでの食事は普通に摂取してできるだけ間食をしないように心がけましょう。
母乳はあげてるだけでダイエット効果があるので間食をなくせばさらに痩せることができます。
またこれは母乳育児をする方が対象ですのでミルクで育てる方は普通のダイエットを行う必要があります。
産後ダイエットが成功するように出来る限り母乳育児でダイエットも子育ても頑張りましょう。


今現在ダイエットを行っているかたや行いたいと思っている方はいったいどのくらいいるのでしょうか。
その中で体に良い食事や生活を行い自然に無理なく健康的に痩せたいと思っている方も多くいると思います。
そこでオススメするのがハーブと薬膳です。この2つは健康的に痩せるためにはとっておきの食材といえるでしょう。
中国医学発祥の医食同源の考えから生まれた薬膳は食べることで病気を治したり健康を維持する役目を果たしています。
またハーブも薬効の働きがある植物でハーブティーが有名です。ダイエットによいハーブティーもたくさんあります。
ダイエット中の食事に薬膳やハーブを取り入れることで体内の環境を整え脂肪の燃焼を助けたり代謝をよくして痩せやすい体を作ることが可能になってきます。
薬膳もハーブも美容の面でも効果を表しダイエット中でも肌の調子を整えることが可能になってきます。
食事以外でもティータイムにハーブティーを取り入れればより効果が得られます。ハーブの香でリラックスしてダイエットにおけるストレスも解消してしまいましょう。
薬膳ダイエットやハーブダイエットは自然に痩せたい!!と思っている方にはすでに人気のあるダイエットになってきています。
薬膳やハーブの効果は痩せやすい体を作るための手助けをしてくれるでしょう。ぜひ一度お試ししてみることをオススメします。


巷で売られているダイエットフードは痩せたい方から高い支持を受けています。確実に効果が得られ食事として簡単に食べることができるのが魅力の一つで
たくさんの方が使用しているようです。
ご存知の方もいるかと思いますが最近では男性専用のダイエットフードが売られているようです。
以前は男性のダイエットというとエクササイズ関係の商品に人気が集中していました。しかし最近では男性でも太っていることに悩む方が多くいるようで
食事を見直す方が増えているようです。
ダイエットフードも男性のための食品を扱う会社が急増しています。
男性の場合は特に忙しい方が多いので継続した運動ができなかったり、ダイエット食を作る時間がなかったり、面倒だったりそんな理由からも気軽に挑戦できる
ダイエットフードが人気を呼んでいるのです。
また男性は筋肉が多く女の人に比べて痩せやすい体質になっているのですが30歳を超えた頃から加齢とともにお腹周りやウエストにお肉がつきやすくなってきます。
そこで食事を置き換えるダイエットフードなどには脂肪を燃焼させてくれる成分や脂肪の貯蓄を抑える作用に力を入れているのが男性専用の特徴になってきます。
他にもプロスタグラディンヤテストステロンなどの男性ホルモン成分を加えているところが一般的に売られているダイエットフードと異なる点ではないでしょうか。
ダイエットを行うにあたって食事に気を使っていくのであれば簡単に使用できる男性専用のダイエットフードも試してみるといいでしょう。


最近のダイエット方法で流行った低インシュリンダイエットは食事を気にしなくてよいので試してみた方も多いのではないでしょうか。
この低インシュリンダイエットは食事制限もカロリー計算も運動も必要なく簡単に始めることができるというかなり魅力的なダイエット方法です。
リバウンドしにくいのも魅力の一つで「運動いらずで楽に痩せることができる」と口コミでもとても評判がいいのです。
低インシュリンダイエットはインシュリンの分泌を下げ血糖値を低く保つことに着目しており血糖値を上げない食事を心がければ
脂肪はつかず簡単に痩せることができます。
このダイエットに必要なのはGI値を知ることでGI値の低い食材を選ぶことが大切になってきます。
GI値とは何かというと炭水化物中の糖質が血糖値を上げる速さを数字にしたもので、多糖類や炭水化物、イモ類はGI値が高いとされており
お米や食パンなどの主食を避けることがポイントです。
しかし主食を全く摂ってはいけないのか?と思うと気が重くなってしまいます。
ところが主食が食べたくなっても白米を玄米に、パンであれば小麦全粒粉を使用したパンであれば問題なく食べることが出来ます
現在ではダイエットフードもGI値に着目したものが多く売られているので挑戦しやすいダイエット法ではないでしょうか。
食事制限がストレスでうまくいかない方や運動する時間がない方、運動が苦手な方は一度ぜひチャレンジしてみることをオススメします。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちダイエット食事のいろいろカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはダイエット食事の基礎です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11