スポンサードリンク

ダイエット食事の基礎の最近のブログ記事


今までにダイエットに挑戦しよう!と思った方はかなり多く存在するのではないでしょうか?
みなさんも一度はダイエットを試みたことがあるでしょう。食事制限をしたり、運動を取り入れたり、流行のダイエットを試みたりいろいろな方法を試した方もいると思います。
ダイエットというと一般的には辛いイメージがあると思いますがまずだいたいの人が考えるのが食事制限ではないでしょうか。
摂取カロリーを抑えるために食事量を減らすダイエット法で運動が苦手な人や忙しい人なども手軽に行うことが出来ます。
しかし健康的にきれいに痩せるためには無我夢中で絶食をしたり一つのものしか食べない1品食いダイエットは絶対にオススメできません。
キレイに痩せるためには3食しっかりバランスよく食べることが大切なのです。
絶食の何がいけないのかというとまず長続きぜずリバウンドしてしまいます。
そしてもし長続きして頑張れば頑張るほどダイエットに対するストレスを感じ食事の摂り方に問題が起こってくる可能性があります。
これが摂食障害です。
摂食障害とは拒食と過食を合わせた呼び方で無理なダイエットがたたって発症してしまう病気です。
美しくなるために始めたダイエットが病気につながってしまってはいけません。
摂食障害で受けるダメージは身体的にも肉体的にも辛いものです。
ぜひダイエットに挑戦しようと思っている方は正しい方法を身につけ無理せず長いスパンで健康的に行っていけるように心がけましょう。


ダイエットを行う前になぜ自分は太っているのか?を考えてみましょう。原因を追究していけばおのずと適したダイエット法が見つかっていくものです。
ダイエットしたい方の食習慣を見てみるといくつか共通点があります。
太っている人のほとんどが食べ過ぎていたり、栄養のバランスが全く考えられてなかったりが原因なのです。
他にも甘いものや間食をやめることが出来なかったり、大の揚げ物好きだ!ということも原因にあげられます。
ダイエットを効果的に行うためには食習慣を見直すことが大切なのではないでしょうか。
普段から食事の量が多くてそれを変える事ができないのであれば多い量の食事の中で野菜の比率をあげましょう。
これは肉類をたくさん食べてしまう方にもオススメでさらに野菜を先に食べてしまえばお腹も膨れてお肉を食べ過ぎずに済みます。
早食い傾向にある人も要注意です。早食い傾向にある人もたくさん食べてしまう傾向にあるようです。
そんなかたはまずよく噛むことから始めてはいかがでしょう。ゆっくり噛むことによって満腹中枢が刺激され食べる量が少しでも満腹を感じることが出来食べ過ぎを防ぐことが可能です。
時間をかけて食事を楽しみましょう。
そして原点に戻るのですが食事は出来るだけ決まった時間に3食必ず摂ることが健康的に痩せるためには重要になってきます。
ダイエット=食事制限=絶食では体を壊してしまうかリバウンドしてしまうだけです。気をつけてください。
また体によいからと言ってフルーツばかり食べる等の一品食いダイエットも栄養のバランスを考えない危険なダイエット法です。
なぜ自分は太ってしまったのか・・・原因を追究し食生活を見直していきましょう。


ダイエット食を作るにあたり忘れていけないのが調味料ではないでしょうか。
ダイエットといえばついつい食材や調理の仕方だけに目がいきがちです。
もちろん食材選びや調理法も大切ではありますがそれプラス調味料にも気を配ることが出来ればさらにやせる道に近づくことが出来るでしょう。
現在ではサラダに使うドレッシングもノンカロリーだったりノンオイルだったり、和風だしにおしょうゆなんてのもおいしそうです。
しかしノンカロリーやノンオイル、低カロリーの中にも落とし穴があります。それが「塩分」なのです。
ダイエット中の食事でカロリーを気にするのは大切なことですがカロリーばかりにとらわれて「塩分」を忘れてしまうと「塩分」が原因で「むくみ」が起こってしまいます。
塩分の過剰摂取によって体内は血液濃度を高めてしまいます。そこで体は血液濃度を正常値に戻そうと頑張った結果水分を取りすぎてしまい「むくみ」として現れます。
さらに塩分の摂りすぎは血圧も上昇させ腎臓の機能も低下させてしまいます。
ダイエット中の食事では油だけではなく塩分にも気をつけていく必要があるのです。
そこで出てくるのが香りや酸味を用いる方法です。
お酢やレモンなどで酸味をきかせたり薬味としてネギやわさび、しょうがなどで香りをきかせたり、唐辛子で辛味をプラスしても塩分をカットできます。
最初は大変と感じるかもしれませんがぜひ「塩分」のことも気にかけて調味料選びを進めていきましょう。


ダイエットをしている方にとってダイエット食の調理法はとても大事な過程になってきます。
普段何気なく料理をしていると意識して調理するよりは断然カロリーの高いものが出来上がってしまいます。
ダイエット中の調理法では油をカットできるように意識して調理していきましょう。
ダイエット食にオススメの調理の仕方は油を落としてくれる蒸し料理や茹で料理です。
例をあげると鶏肉を調理するのであればフライパンで焼いてしまう調理法よりも蒸し器で蒸してしまっり茹でてしまった方がいらない油を落とすことができ
その分カロリーをカットすることが出来ます。
網で焼くのも油が落ちでくれるのでカロリーをカットするには有効です。
食材自体に脂肪が含まれている場合にはその食材が自然に油を落としていけるような調理法を選択しましょう。
またテフロンや最近流行のマーブルコートなど油がなくても使えるフライパンはダイエット中の食事作りに重宝します。
現在ではフライパンやお鍋など健康志向の方向きな物がたくさん売り出されています。それらを取り入れていけば簡単にカロリーをカットできるでしょう。
そして電子レンジもダイエット食を作るのに適していて手間をかけることなくカロリーカットができます。
また買ってきた揚げ物やお惣菜なんかも温めるときに油を吸い取るためのクッキングペーパーを敷いて温めればクッキングペーパーが余分な油を吸い取ってくれて
カロリーが少なく済みます。
ダイエット食はどれだけ油が減らせるか?ということに重点をおいて料理していくのが成功の秘訣です。
ぜひ今までの調理方法を振り返ってみてください。


ダイエット中は夕飯は少なめに摂ることが望ましいとされています。
食事以外にも気をつけなければいけないのが飲み物で夕飯時にはアルコールをたしなむ方もおおいのではないのでしょうか。
アルコール自体にももちろんカロリーはありますし一緒に食べるおつまみのカロリーも気になるところです。
ダイエット中は食事の栄養のバランスやカロリーを気にしていく必要があるのでアルコールを飲むことでカロリーを摂りすぎないようにするべきです。
また夕飯では一日の振り返りとしてその日摂取することの出来なかった栄養素をメニューに取り入れて補っていくようにしましょう。
ダイエットを成功させるには栄養のバランスの取れた食事を摂取することです。食生活を見直すためにも夕飯はとくに気をつけて献立を組み立てましょう。
どうしてもアルコールが飲みたい!というかたでもおつまみは野菜スティックや小魚などカロリーの低いものを選びましょう。
アルコール自体は基礎代謝を上げてくれる働きがあるのですがついつい食べ過ぎてしまうおつまみは脂肪が溜まりやすい状態で即座に脂肪になってしまいます。
食べすぎを防ぐためにもできればダイエット中はアルコールは控えましょう。
そしてよく聞く話ではありますがダイエット中には寝る前に食事を摂取することは絶対にやめましょう。
寝る前に夕飯を摂るということは摂取したカロリーを消費することなく脂肪に変えてしまうのでダイエットをしている人にとってはとても危険な行為です。
遅くても寝る2,3時間前には夕食は食べ終わるか早く食べれそうにない場合は量を調節したり消化しやすい食材を選ぶなどして上手にカロリーを調節していきましょう。


ダイエット中の食事で忘れてはいけないことはカロリーをカットしながら調理することです。
栄養のバランスを考えると料理にはいろいろな種類の食材を使った方がいいでしょう。
しかし脂肪を含むものやダイエット中に摂らなくてもいいものも食材の中に含まれていますから下処理をしてカロリーをカットしていく必要があります。
特に気にする必要があるのはお肉やお魚の部位です。お肉を食べるときも出来るだけ余分な脂肪を摂らないために鶏のささ身や赤味の多い脂身の少ないものを選びます。
調理するときも脂身の部分や皮に部分は取り除きましょう。
お魚では白身魚が向いていますしお肉はやはり鶏肉が低カロリーです。
乳製品もチーズならカッテージチーズ、牛乳なら低脂肪乳、ヨーグルトは無糖のものを選んで摂取してください。
またダイエット食では油を落とすために茹でたり蒸し料理がオススメです。食材に下処理をしさらにこの調理法で調理をすれば完璧なダイエット料理の出来上がりです。
そしてうっかりしがちなのがドレッシングやたれです。せっかくダイエットに効果的な食事をつくってもその上から油たっぷり高カロリーなドレッシングをかけてしまっては
せっかくのダイエット料理がムダになってしまいます。
ドレッシングもノンオイルやカロリーの低いものに切り替えて少量にとどめることが大切です。
小さいことでも積み重ねていけば必ず効果がでてきますのでぜひ続けていきましょう。


ダイエットでリバウンドなくきれいに痩せるためには運動と食事が重要になります。
運動ではエアロビクスやジョギングなど有酸素運動を行うことが特に有効と言われており食事は高たんぱくなものでカロリーの低いものをとる必要があります。
実は食事と運動の時間を意識することがダイエットを成功させる近道になるのです。
いつの時間が効果的なのか??それは朝食の前だと言われています。朝食を食べる前に運動をすると脂肪の燃焼効率が1.5倍になります。
つまりこの時間は交感神経が活性化され脂肪を燃焼する機能が高まり痩せやすい体を作りやすい時間なのです。ぜひ朝の運動を毎日行ってみましょう。
朝の運動はどうしても・・・という方はには朝食が済んでから2,3時間後もしくは昼食の前が効果的です。
食後の運動は胃腸の負担を軽減するために避けたほうがいいでしょう。
朝も昼も無理というのであれば夕食後でも何もしないよりはいいですが運動するからと気を抜いてしまって食事の摂取量を調節することができなければ運動の効果は
薄れてしまいます。
理由は夕食後になってしまうと朝活発だった交感神経ではなく副交感神経のほうが活性化されてしまい摂取カロリーを体が吸収しやすい環境に変化してしまうからです。
このときに運動をしてもしないよりはいいですがダイエットの効果は期待できなくなってしまいます。
この理由からも寝る前に食べてしまうと体はどんどん脂肪を蓄積しようと頑張りカロリーは消費されません。
寝る前に食べると太る!というのは本当なのです。
せっかくダイエットをしているのだから効果のないダイエットではなくできる限り脂肪が燃えやすい時間を選び効率よくやせるように食前の運動を心がけましょう。


ダイエットをしている人の一日の食事の中で一番気を抜いてしまいがちなのは昼食!という人も多いことでしょう。
お仕事をしている人は特に朝と夜は自宅で食事をとってもお昼は外食をしてしまっているのではないでしょうか?
ダイエットをするにあたってどちらかといえば昼食は腹持ちの良いものを食べ間食防止に努め、夕飯は少し軽めに摂るのがベストです。
外食と言えば高カロリーなイメージもあると思います。実際に油をふんだんに使っていたり味付けも濃かったりダイエットをする人にとって
この高カロリーはかなりの痛手なのではないでしょか?
1日の総カロリーを決めて例えば1500キロカロリーなら朝は400キロカロリーお昼はつい食べ過ぎて800キロカロリーも摂ってしまったので夜は300キロカロリー
しか摂らない。と言うようにちゃんと計算して食事を摂取できればいいのですがそれはなかなか難しく毎日行うには苦痛です。
そこでダイエット中のお昼に一番効果的!といえるものが「お弁当」なのです。
日々のお弁当作りは慣れていない人にとってはとても大変です。
しかし自分がダイエットをしているということを意識して作ってみてください。
カロリーの高いものを悔やみながら外で食べるよりも自分で作ったヘルシーなお弁当を食べた方がダイエットにも経済的にもいいのです。
もちろん毎日ご馳走を作るのは嫌になってしまい続けられない人も出てきます。
簡単なもので低カロリーな物をバランスを考えて作って見ましょう。
忙しくて時間のない方は時間のあるときに作り置きして冷凍にしておけば朝は温めるだけで簡単ですし、煮物などは前日の残りを入れちゃいましょう。
市販のものにサラダだけ持参することから始めてもいいと思います。
ぜひ昼食もダイエットを意識してお弁当持参で頑張っていきましょう。


ダイエットを始めようとしている方がまず思いつくのは食事を減らす食事制限。その中でも手軽に出来る「朝抜き」ダイエットを行う人がいますがこれは健康的に痩せるダイエット法には適していません。
なぜ「朝食抜き」はいけないのかというと朝食を抜くことで基礎代謝が落ちてしまうからです。
健康的な痩せやすい体を作るにはまず基礎代謝をあげることが重要です。少量でもいいので3食きちんと摂取することが痩せやすい体を作っていくのです。
朝ごはんを食べないことによって午前中お腹が空いてしまいます。その反動で昼食を余計に食べてしまいます。
体の方は朝摂れなかった不足分の栄養を吸収しようとして脂肪を溜め込んでしまいます。
これでは悪循環ですよね。
しかし中には朝起きがけには何も食べれない人やギリギリまで寝ていて食べれない人もいると思います。そんな方は3食食べろ!と言われたらダイエットをする気がなくなってしまうかもしれません。
そんな方も美しく痩せるためです。少量でも栄養価が高く気軽に食べれるものを摂取しましょう。
汁物やおかゆなど体を温めるものは基礎代謝もあがりますからオススメです。
汁物やおかゆなどにいろいろな具を入れて食べればその分たくさんの栄養素をとることができ食べやすくもなります。
便秘に悩まされている方ならヨーグルトなどの乳製品もいいですし「時間がないわ」という人は手っ取り早くフレークでもいいと思います。
効果の出るダイエットを行うためにもまず朝食をとることから始めてみましょう。またできるだけ体が温まるメニューを取り入れてみてください


ダイエットをしている人は主に食事を制限している方が多いと思います。その中で栄養のバランスがよく体に優しい食材を選ぶのはとても重要なことです。
その中でも海草や野菜をダイエット食に取り入れることはとても効果的です。
海草や野菜はダイエット食にもっとも適しており低カロリーでなおかつミネラルやビタミンがたくさん含まれています。
そして果物も美容にもダイエットにも有効な食材といえるでしょう。
また良質なたんぱく質を摂取することもダイエット中の食材選びのポイントになります。
意外と避けがちな肉、たまご、乳製品、魚類などの食材はたんぱく質という栄養素が含まれており体を作るためには大切な栄養素です。
ただしたんぱく質には動物性たんぱく質とと植物性たんぱく質があり動物性たんぱくでも鳥のささみやお魚など油の少ない食材を選んでいきましょう。
また積極的に摂取して欲しいのは植物性たんぱく質で主に大豆などに含まれます。
油もダイエットをするにあたっては避けがちですが摂りすぎなければ脂溶性ビタミンを豊富に含んでおりお肌の調子もよくなります。
まったく油を摂取しないと身体的にも爪がボロボロ、肌もボロボロと影響がでてきて美しく痩せることは出来なくなってしまいます。
どんな栄養素も適量にバランスを考えながら摂取していくことが大切です。
ぜひ自分なりの痩せるレシピを考えてみてください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちダイエット食事の基礎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはダイエット食事のいろいろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11