スポンサードリンク

2009年4月アーカイブ


ダイエットを行う前になぜ自分は太っているのか?を考えてみましょう。原因を追究していけばおのずと適したダイエット法が見つかっていくものです。
ダイエットしたい方の食習慣を見てみるといくつか共通点があります。
太っている人のほとんどが食べ過ぎていたり、栄養のバランスが全く考えられてなかったりが原因なのです。
他にも甘いものや間食をやめることが出来なかったり、大の揚げ物好きだ!ということも原因にあげられます。
ダイエットを効果的に行うためには食習慣を見直すことが大切なのではないでしょうか。
普段から食事の量が多くてそれを変える事ができないのであれば多い量の食事の中で野菜の比率をあげましょう。
これは肉類をたくさん食べてしまう方にもオススメでさらに野菜を先に食べてしまえばお腹も膨れてお肉を食べ過ぎずに済みます。
早食い傾向にある人も要注意です。早食い傾向にある人もたくさん食べてしまう傾向にあるようです。
そんなかたはまずよく噛むことから始めてはいかがでしょう。ゆっくり噛むことによって満腹中枢が刺激され食べる量が少しでも満腹を感じることが出来食べ過ぎを防ぐことが可能です。
時間をかけて食事を楽しみましょう。
そして原点に戻るのですが食事は出来るだけ決まった時間に3食必ず摂ることが健康的に痩せるためには重要になってきます。
ダイエット=食事制限=絶食では体を壊してしまうかリバウンドしてしまうだけです。気をつけてください。
また体によいからと言ってフルーツばかり食べる等の一品食いダイエットも栄養のバランスを考えない危険なダイエット法です。
なぜ自分は太ってしまったのか・・・原因を追究し食生活を見直していきましょう。


ダイエット食を作るにあたり忘れていけないのが調味料ではないでしょうか。
ダイエットといえばついつい食材や調理の仕方だけに目がいきがちです。
もちろん食材選びや調理法も大切ではありますがそれプラス調味料にも気を配ることが出来ればさらにやせる道に近づくことが出来るでしょう。
現在ではサラダに使うドレッシングもノンカロリーだったりノンオイルだったり、和風だしにおしょうゆなんてのもおいしそうです。
しかしノンカロリーやノンオイル、低カロリーの中にも落とし穴があります。それが「塩分」なのです。
ダイエット中の食事でカロリーを気にするのは大切なことですがカロリーばかりにとらわれて「塩分」を忘れてしまうと「塩分」が原因で「むくみ」が起こってしまいます。
塩分の過剰摂取によって体内は血液濃度を高めてしまいます。そこで体は血液濃度を正常値に戻そうと頑張った結果水分を取りすぎてしまい「むくみ」として現れます。
さらに塩分の摂りすぎは血圧も上昇させ腎臓の機能も低下させてしまいます。
ダイエット中の食事では油だけではなく塩分にも気をつけていく必要があるのです。
そこで出てくるのが香りや酸味を用いる方法です。
お酢やレモンなどで酸味をきかせたり薬味としてネギやわさび、しょうがなどで香りをきかせたり、唐辛子で辛味をプラスしても塩分をカットできます。
最初は大変と感じるかもしれませんがぜひ「塩分」のことも気にかけて調味料選びを進めていきましょう。


ダイエットをしている方にとってダイエット食の調理法はとても大事な過程になってきます。
普段何気なく料理をしていると意識して調理するよりは断然カロリーの高いものが出来上がってしまいます。
ダイエット中の調理法では油をカットできるように意識して調理していきましょう。
ダイエット食にオススメの調理の仕方は油を落としてくれる蒸し料理や茹で料理です。
例をあげると鶏肉を調理するのであればフライパンで焼いてしまう調理法よりも蒸し器で蒸してしまっり茹でてしまった方がいらない油を落とすことができ
その分カロリーをカットすることが出来ます。
網で焼くのも油が落ちでくれるのでカロリーをカットするには有効です。
食材自体に脂肪が含まれている場合にはその食材が自然に油を落としていけるような調理法を選択しましょう。
またテフロンや最近流行のマーブルコートなど油がなくても使えるフライパンはダイエット中の食事作りに重宝します。
現在ではフライパンやお鍋など健康志向の方向きな物がたくさん売り出されています。それらを取り入れていけば簡単にカロリーをカットできるでしょう。
そして電子レンジもダイエット食を作るのに適していて手間をかけることなくカロリーカットができます。
また買ってきた揚げ物やお惣菜なんかも温めるときに油を吸い取るためのクッキングペーパーを敷いて温めればクッキングペーパーが余分な油を吸い取ってくれて
カロリーが少なく済みます。
ダイエット食はどれだけ油が減らせるか?ということに重点をおいて料理していくのが成功の秘訣です。
ぜひ今までの調理方法を振り返ってみてください。


ダイエット中は夕飯は少なめに摂ることが望ましいとされています。
食事以外にも気をつけなければいけないのが飲み物で夕飯時にはアルコールをたしなむ方もおおいのではないのでしょうか。
アルコール自体にももちろんカロリーはありますし一緒に食べるおつまみのカロリーも気になるところです。
ダイエット中は食事の栄養のバランスやカロリーを気にしていく必要があるのでアルコールを飲むことでカロリーを摂りすぎないようにするべきです。
また夕飯では一日の振り返りとしてその日摂取することの出来なかった栄養素をメニューに取り入れて補っていくようにしましょう。
ダイエットを成功させるには栄養のバランスの取れた食事を摂取することです。食生活を見直すためにも夕飯はとくに気をつけて献立を組み立てましょう。
どうしてもアルコールが飲みたい!というかたでもおつまみは野菜スティックや小魚などカロリーの低いものを選びましょう。
アルコール自体は基礎代謝を上げてくれる働きがあるのですがついつい食べ過ぎてしまうおつまみは脂肪が溜まりやすい状態で即座に脂肪になってしまいます。
食べすぎを防ぐためにもできればダイエット中はアルコールは控えましょう。
そしてよく聞く話ではありますがダイエット中には寝る前に食事を摂取することは絶対にやめましょう。
寝る前に夕飯を摂るということは摂取したカロリーを消費することなく脂肪に変えてしまうのでダイエットをしている人にとってはとても危険な行為です。
遅くても寝る2,3時間前には夕食は食べ終わるか早く食べれそうにない場合は量を調節したり消化しやすい食材を選ぶなどして上手にカロリーを調節していきましょう。


せっかくダイエットをするのですから体の中からキレイにして健康的な体を作るデトックスを行うことをオススメします。
最近よく耳にするデトックスとは体中の毒素を全部出すことで健康的な体を取り戻すというもので解毒・浄化の意味があります。
このデトックスは近年すごく話題になっているのでダイエットと併用して行っている方もたくさんいるのではないのでしょうか。
新陳代謝が良くなるので肌の調子がよくなったり免疫力を上げ病気になりにくくなるなどいいことずくめで経口から体内に入った食品添加物や重金属などの化学物質や
活性酸素を排除する役割があり健康体を目指す方にはぴったりです。
デトックスの方法としては普段の食事を見直すこと。
普段の食事に食物繊維を意識して根野菜や海草などを摂取することで腸内に溜まってしまった老廃物を活発に排出させます。
ダイエットをする方の食事には食黄色野菜や発酵食品なども積極的に取り入れていった方がいいでしょう。
また浄水された良質なお水をを多量に飲み老廃物の排泄を行います。入浴や運動を取り入れて発汗を促せばさらに効果は倍増します。
デトックスにはアンチエイジング効果があるので低カロリーなダイエット食を取り入れながら体内を解毒すればいつまでも若くて健康でいることが出来るでしょう。
ダイエットのために良い食べ物と解毒作用で見た目も体内もきれいで健康的な体を目指しましょう。


健康的なダイエットを行うにあたり栄養のバランスのとれた食事は不可欠です。
肌トラブルや美容の面でももちろんダイエットのためにも3食しっかり食べて食べ物から栄養素を摂取することがトラブル防止のためにも望ましいです。
しかしダイエットで食事を制限してしまうとどうしても足りない栄養素が出てきてしまいます。
もちろんバランスよく栄養が摂れていなければ髪はパサパサ爪もボロボロになり肌は荒れてひどくなったり疲労感が消えない等の身体的な症状もあらわれます。
そこでオススメしたいのが食事で摂れていない栄養素を補ってくれるサプリメントです。
ダイエット中に積極的に摂るべき栄養素の一つにビタミンB群があります。これは脂肪を燃やす手助けをしてくれるもので主に豚肉などに含まれています。
しかしダイエット中のひとは積極的に豚肉を摂ったりはしないでしょうし他の栄養素も食事制限のため不足しがちです。
サプリメントならカロリーを気にしなくても必要な栄養素だけを簡単に摂取することもできますし亜鉛などに含まれている微量ミネラルも摂取することができます。
ダイエットに美容効果もプラスするのであれば今人気のコエンザイムQ10やコラーゲンも併用して摂っていきましょう。
健康的な食事とサプリメントを上手に取り入れることで健康的でキレイなボディーに近づきましょう。


ダイエット中の食事で忘れてはいけないことはカロリーをカットしながら調理することです。
栄養のバランスを考えると料理にはいろいろな種類の食材を使った方がいいでしょう。
しかし脂肪を含むものやダイエット中に摂らなくてもいいものも食材の中に含まれていますから下処理をしてカロリーをカットしていく必要があります。
特に気にする必要があるのはお肉やお魚の部位です。お肉を食べるときも出来るだけ余分な脂肪を摂らないために鶏のささ身や赤味の多い脂身の少ないものを選びます。
調理するときも脂身の部分や皮に部分は取り除きましょう。
お魚では白身魚が向いていますしお肉はやはり鶏肉が低カロリーです。
乳製品もチーズならカッテージチーズ、牛乳なら低脂肪乳、ヨーグルトは無糖のものを選んで摂取してください。
またダイエット食では油を落とすために茹でたり蒸し料理がオススメです。食材に下処理をしさらにこの調理法で調理をすれば完璧なダイエット料理の出来上がりです。
そしてうっかりしがちなのがドレッシングやたれです。せっかくダイエットに効果的な食事をつくってもその上から油たっぷり高カロリーなドレッシングをかけてしまっては
せっかくのダイエット料理がムダになってしまいます。
ドレッシングもノンオイルやカロリーの低いものに切り替えて少量にとどめることが大切です。
小さいことでも積み重ねていけば必ず効果がでてきますのでぜひ続けていきましょう。


ダイエットでリバウンドなくきれいに痩せるためには運動と食事が重要になります。
運動ではエアロビクスやジョギングなど有酸素運動を行うことが特に有効と言われており食事は高たんぱくなものでカロリーの低いものをとる必要があります。
実は食事と運動の時間を意識することがダイエットを成功させる近道になるのです。
いつの時間が効果的なのか??それは朝食の前だと言われています。朝食を食べる前に運動をすると脂肪の燃焼効率が1.5倍になります。
つまりこの時間は交感神経が活性化され脂肪を燃焼する機能が高まり痩せやすい体を作りやすい時間なのです。ぜひ朝の運動を毎日行ってみましょう。
朝の運動はどうしても・・・という方はには朝食が済んでから2,3時間後もしくは昼食の前が効果的です。
食後の運動は胃腸の負担を軽減するために避けたほうがいいでしょう。
朝も昼も無理というのであれば夕食後でも何もしないよりはいいですが運動するからと気を抜いてしまって食事の摂取量を調節することができなければ運動の効果は
薄れてしまいます。
理由は夕食後になってしまうと朝活発だった交感神経ではなく副交感神経のほうが活性化されてしまい摂取カロリーを体が吸収しやすい環境に変化してしまうからです。
このときに運動をしてもしないよりはいいですがダイエットの効果は期待できなくなってしまいます。
この理由からも寝る前に食べてしまうと体はどんどん脂肪を蓄積しようと頑張りカロリーは消費されません。
寝る前に食べると太る!というのは本当なのです。
せっかくダイエットをしているのだから効果のないダイエットではなくできる限り脂肪が燃えやすい時間を選び効率よくやせるように食前の運動を心がけましょう。


ダイエットをしている人の一日の食事の中で一番気を抜いてしまいがちなのは昼食!という人も多いことでしょう。
お仕事をしている人は特に朝と夜は自宅で食事をとってもお昼は外食をしてしまっているのではないでしょうか?
ダイエットをするにあたってどちらかといえば昼食は腹持ちの良いものを食べ間食防止に努め、夕飯は少し軽めに摂るのがベストです。
外食と言えば高カロリーなイメージもあると思います。実際に油をふんだんに使っていたり味付けも濃かったりダイエットをする人にとって
この高カロリーはかなりの痛手なのではないでしょか?
1日の総カロリーを決めて例えば1500キロカロリーなら朝は400キロカロリーお昼はつい食べ過ぎて800キロカロリーも摂ってしまったので夜は300キロカロリー
しか摂らない。と言うようにちゃんと計算して食事を摂取できればいいのですがそれはなかなか難しく毎日行うには苦痛です。
そこでダイエット中のお昼に一番効果的!といえるものが「お弁当」なのです。
日々のお弁当作りは慣れていない人にとってはとても大変です。
しかし自分がダイエットをしているということを意識して作ってみてください。
カロリーの高いものを悔やみながら外で食べるよりも自分で作ったヘルシーなお弁当を食べた方がダイエットにも経済的にもいいのです。
もちろん毎日ご馳走を作るのは嫌になってしまい続けられない人も出てきます。
簡単なもので低カロリーな物をバランスを考えて作って見ましょう。
忙しくて時間のない方は時間のあるときに作り置きして冷凍にしておけば朝は温めるだけで簡単ですし、煮物などは前日の残りを入れちゃいましょう。
市販のものにサラダだけ持参することから始めてもいいと思います。
ぜひ昼食もダイエットを意識してお弁当持参で頑張っていきましょう。


ダイエットを始めようとしている方がまず思いつくのは食事を減らす食事制限。その中でも手軽に出来る「朝抜き」ダイエットを行う人がいますがこれは健康的に痩せるダイエット法には適していません。
なぜ「朝食抜き」はいけないのかというと朝食を抜くことで基礎代謝が落ちてしまうからです。
健康的な痩せやすい体を作るにはまず基礎代謝をあげることが重要です。少量でもいいので3食きちんと摂取することが痩せやすい体を作っていくのです。
朝ごはんを食べないことによって午前中お腹が空いてしまいます。その反動で昼食を余計に食べてしまいます。
体の方は朝摂れなかった不足分の栄養を吸収しようとして脂肪を溜め込んでしまいます。
これでは悪循環ですよね。
しかし中には朝起きがけには何も食べれない人やギリギリまで寝ていて食べれない人もいると思います。そんな方は3食食べろ!と言われたらダイエットをする気がなくなってしまうかもしれません。
そんな方も美しく痩せるためです。少量でも栄養価が高く気軽に食べれるものを摂取しましょう。
汁物やおかゆなど体を温めるものは基礎代謝もあがりますからオススメです。
汁物やおかゆなどにいろいろな具を入れて食べればその分たくさんの栄養素をとることができ食べやすくもなります。
便秘に悩まされている方ならヨーグルトなどの乳製品もいいですし「時間がないわ」という人は手っ取り早くフレークでもいいと思います。
効果の出るダイエットを行うためにもまず朝食をとることから始めてみましょう。またできるだけ体が温まるメニューを取り入れてみてください


ダイエット中でも摂取しなければいけない食材は野菜です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維など野菜には必要な栄養素がたくさん含まれており健康や美容の手助けをしてくれます。
その中でご存知食物繊維はダイエットをしている人の大きな味方になってくれます。
ダイエットをしていると便秘になってしまいがちです。これを助けてくれるのが食物繊維で腸に溜まった老廃物を出し腸内をキレイにしてくれます。
また美肌効果も期待できるのでキレイに痩せることが可能です。ぜひ意識して野菜を摂取していきましょう。
一言に野菜と言ってもたくさんあるわけですが痩せるために摂取したらよい野菜とはどんな種類のものなのでしょうか。
基本的に土から上に向かって成長していく野菜は体を冷やすといわれています。逆に土の中で成長する野菜は体を温めてくれるようです。
ということは基礎代謝をあげていくためにも体を温める根野菜を多めにとる方が効果的ということになります。
にんじんやごぼう、大根など汁ものや温野菜サラダなどぜひ工夫して作ってみてください。
また海藻類やこんにゃくも低カロリーでダイエットに適している食材といえます。
海藻類やこんにゃくも食物繊維をとても多く含んでおりダイエットフードの代表ともいえるでしょう。
食物繊維は腹中で膨れて満腹感も感じることが出来るのでダイエットでおきやすいストレスもあまり感じずにすみます。
ダイエットは大変と思われがちですが野菜を工夫していろいろ取り入れることによってストレスのない楽しい食事にしていきましょう。


ダイエット中には食べ物に気をつけなければいけませんが食べることで脂肪を燃焼してくれる食材も実はあります。
積極的にそれを取り入れることはダイエットにはとても効率の良い方法ではないでしょうか。
痩せるためには脂肪を燃焼させることがとても大切になってきます。
運動で脂肪を燃焼させ体重を減らしていく方法も実に効果的ですが食事中にも脂肪を燃焼させてダブル効果を狙いましょう。
それではその脂肪を燃焼させる素敵な食材はなんなのか?その素敵な食材は「カプサイシン」です。
唐辛子に含まれているあの辛い成分が「カプサイシン」なのですが唐辛子を摂取することによって「カプサイシン」が副腎皮質で働きます。
すると代謝をあげる効果があるアドレナリンなどのホルモンが分泌され脂肪の燃焼を助けてくれるのです。
また「カプサイシン」は血行を促す効果もあり冷え性の方にも最適。代謝も良くなり汗をたくさん出してくれます。
これを摂取しないわけにはいかないですね。ぜひ食事に唐辛子を!カプサイシンを取り入れましょう。
オススメメニューは中華料理では麻婆豆腐。豆板醤をたっぷり使ってください。
キムチでお鍋もおいしいですよね。
イタリアンなら唐辛子とにんにくでペペロンチーノ、アラビアータなどトマト系にも唐辛子は合います。
タイ料理ではトムヤムクン。和食でも煮物に少し加えてみたりとレパートリーはたくさんあります。
サプリメントでも「カプサイシン」成分が入っているダイエット用のものがロングセラーで豊富に売り出されています。
運動と唐辛子、ダブルの効果で脂肪を燃焼させ効果的に美しく痩せてください。


大豆が体に良いということは知っているかたもいると思いますが大豆はダイエットにも最適な食材なのです。
どうして大豆がダイエットに効果的なのでしょうか??
良質なたんぱく質が豊富に含まれている大豆はみなさんも知っている通り「畑の肉」と呼ばれています。
栄養価は高いのにそれでいてすごく低カロリー。
とても素敵な食材なのです。また大豆には「大豆イソフラボン」という女性ホルモンによく似た仕組みを持っています。
大豆イソフラボンを摂取することでダイエット中に乱れがちなホルモンのバランスを調節し、太りすぎを防いでくれます。
つまり大豆はダイエットをする人から見ると美しく痩せることができる人気食材なのです。
大豆といえば代表的なのは豆腐や豆乳ですが市販のダイエットフードにも大豆を使った商品は豊富に売られています。
おからダイエットは挑戦した方も多いと思いますが置き換えダイエットですごく流行っていたおからも大豆製品です。
また大豆製品ののなかで特にオススメなのは「豆乳」です。
豆乳はダイエット中の便秘解消に効果的でたんぱく質を吸収し豆乳オリゴ糖が善玉菌を増やしてくれます。
ぜひ食中に豆乳レシピを取り入れてみてください。豆乳鍋や豆乳スープ、果物を加えた豆乳シェイクや豆乳ジュースなどもおいしくてオススメです。
効果的にダイエットを行うには食事に大豆を摂取することが大切なのです。


ダイエットをしている人は主に食事を制限している方が多いと思います。その中で栄養のバランスがよく体に優しい食材を選ぶのはとても重要なことです。
その中でも海草や野菜をダイエット食に取り入れることはとても効果的です。
海草や野菜はダイエット食にもっとも適しており低カロリーでなおかつミネラルやビタミンがたくさん含まれています。
そして果物も美容にもダイエットにも有効な食材といえるでしょう。
また良質なたんぱく質を摂取することもダイエット中の食材選びのポイントになります。
意外と避けがちな肉、たまご、乳製品、魚類などの食材はたんぱく質という栄養素が含まれており体を作るためには大切な栄養素です。
ただしたんぱく質には動物性たんぱく質とと植物性たんぱく質があり動物性たんぱくでも鳥のささみやお魚など油の少ない食材を選んでいきましょう。
また積極的に摂取して欲しいのは植物性たんぱく質で主に大豆などに含まれます。
油もダイエットをするにあたっては避けがちですが摂りすぎなければ脂溶性ビタミンを豊富に含んでおりお肌の調子もよくなります。
まったく油を摂取しないと身体的にも爪がボロボロ、肌もボロボロと影響がでてきて美しく痩せることは出来なくなってしまいます。
どんな栄養素も適量にバランスを考えながら摂取していくことが大切です。
ぜひ自分なりの痩せるレシピを考えてみてください。


ダイエット食事の天敵といえば・・・・間食です。
食べれば食べるだけ余分にカロリーを摂取するわけですから間食をしては痩せにくくなってしまいます。
しかし食事を制限することでストレスを感じる方もいるでしょう。
間食と同じくらいストレスもダイエットの天敵です。
ストレスによって摂食障害を起こす方も少なくはありません。上手にストレスと付き合うことがダイエット成功への道に続いていきます。
食事に影響を与えない程度であれば間食もダイエットからくるストレスを軽減するために必要とも言えます。
間食をやめあまりにもお腹が空きすぎると次の食事に影響し次の食事の量が増えてしまうこともあります。
そこで食べすぎ防止にカロリーの低いものを摂取すれば次の食事に食べ過ぎることなく済みます。
もちろん自分がダイエットしているということを意識してケーキなどの甘いものは避けましょう。
シュガーレスタイプのお菓子も最近では結構でていますしするめ、昆布、煮干など硬いものを選べば満腹中枢が働きお腹はいっぱいになります。
あくまでダイエットがストレスにならないためのつなぎですので少ない量でお腹がいっぱいになるものを選ぶようにしましょう。
こんにゃくゼリーや寒天ゼリーなんかはお腹のもちがよく低カロリーなダイエットフードといえるでしょう。
せっかくダイエットをしているのですからそれをストレスに感じるのではなく間食も食事とのバランスを考えながら取り入れていくのも継続して行える
ダイエットの近道になるでしょう。


ダイエット中の食事ではカロリーを気にすることが大切になります。ですからできれば食事は自分で作っておうちで食べたいものです。
しかし忙しい方や独り暮らしの方はついつい外食に頼ってしまいがちです。
ではダイエット中の外食で気をつけることはなんでしょう。
外食をしてしまうとお肉や揚げ物、デザートまでつい高カロリーなもの目がいき選んでしまいがちです。
お店によってはメニューにカロリーを表示してあるところもありますができればより低カロリーなものを選びましょう。
どうしても油物やラーメンなど高カロリーなものが食べたいときはここで一工夫。
揚げ物系は衣を避けて食べたり、ラーメンはスープを残しましょう。これだけでカロリーは抑えられます。
定食にある炒め物も実は油がたくさん使われています。ドリアやオムライスなどの洋食もバターやクリームがふんだんに使われています。
できれば避けた方がいいでしょう。
またデザートを食べるときも最初に料理と一緒に一気に注文するのではなく食べ終わってからもう一度本当に食べたいか??満腹ではないか??もう一度
自分に確認してから注文しましょう。
もともと大食いの方は普段からたくさん食べ過ぎないように心がけて外食中でも一緒に食事をしている人に少し食べてもらったり、意識して残すようにしてみましょう。
ダイエット中の食事を楽しいと感じることが出来ればダイエットは長続きし成功します。
高カロリーのものを制限されると外食は厳しいと感じることもありますが工夫次第で低カロリーで楽しい食事の場に変わります。
無理せず自分のペースで行い継続することがダイエット成功への鍵となります。


ダイエットを無理なく確実に行うには食事が大切です。
と言っても無理な食事制限をするのでは意味はなく
バランスのとれた栄養摂取を心がけ有酸素運動など適度に行うことできれいな体型を作り維持することが出来ます。
ダイエットを成功させるためには適切な食事と運動法方を継続的に行っていくことが大切になります。
近年のダイエット方法には様々なものがあり腕や足など部分的に痩せることができるものや体重を減らしていくものなどダイエットを行う人のニーズに合わせて
いろいろ方法を選んでいくことが出来ます。
それに伴いダイエットフードも様々なものが売り出されています。
食事をダイエットフードに替え食事摂取量やカロリーを減らし体重も減らしていくものも近年流行のダイエット法の一つと言えます。
こんにゃくやおから、はるさめなどカロリーが少なく少しの量でもお腹がいっぱい感じるようなダイエットフードは多数あります。
しかしこのダイエット方法には落とし穴があります。
普通に考えてみればわかるとおり食事の摂取量が少なくなれば体重が減っていくのは当たり前のことです。
それがある程度ダイエットを続けていくうちに停滞期を迎えダイエットを挫折し逆に一気に体重が戻ってしまったりダイエット前よりも増えてしまったりしてしまいます。
また身体的にも集中力がなくなったり、髪の毛や肌の調子が悪くなったり様々な症状が現れてきます。
こうならないためにも正しいダイエット法、食事や運動の仕方などを身につけていく必要があります。
正しいダイエット法とは食事制限だけでなく運動も継続的に行っていくことなのです。
もちろん食事制限も極端なものではなく栄養バランスを考えて野菜中心に3食しっかり食べることが大切です。
せっかくダイエットを行っていても髪はパサパサ、肌はガサガサでは魅力的な女性とは言えません。
必要な運動と栄養摂取の大切さをしっかりと頭に入れた上でぜひダイエットを行ってください。


ダイエットをするのあたってどのような食事をすれば効果的に痩せることができるのでしょうか。
まず誰もが思いつくのが肉や油物、砂糖などの甘いものを避けるというものではないでしょうか。
まさにそのとおりでダイエットをスムーズにかつ効果的に行うためには食中の必要のない成分揚げ物や油物は出来るだけ取らないようにすればよいのです。
洋食はバターやクリームなど油脂をふんだんに使っているのもが多くダイエットを行う人には不適切です。
食用油もオリーブオイルやグレープシードオイルなど良性の油もありますが動物性の脂は出来るだけ避けることが好ましいでしょう。
ですからダイエットを行っている人には和食が有効的だと考えられます。

またダイエットの大敵。甘いもの、砂糖といえばお菓子になると思います。
ダイエットを始めるにあたり間食禁止から始める人もたくさんいることでしょう。
知ってのとおり甘いものは高カロリー。
ダイエットを行う人は控えたほうがいいでしょう。

ただ食事を制限することでストレスを感じてしまったら逆効果。
糖分は脳を活性化させ癒し効果を与えます。
ストレスでダイエットを挫折してしまうくらいなら甘いものを少量なら摂取してもかまいません
ダイエットは続けることが大切ですから。
もちろん運動は忘れずに行い常に自分がダイエットをしているということは意識していてください。

またたんぱく質はダイエットを行っている人にとっても大切な栄養素になります。
脂肪の燃焼を促進するたんぱく質は適量を摂取することによってダイエットを助けてくれます。
もちろん摂りすぎてはいけません。
ダイエットを行うにあたり重要な栄養素をしっかり勉強しておくとスムーズにダイエットも進んでいきます。


ダイエットというとまず食事の量を調節しようと考える方が多いと思います。
しかしそのダイエット方法は大きな欠点があります。
もちろんダイエットと食事量の調節は大事なポイントではあります。
食べなければ痩せることもたしかな事実です。
ただダイエットといえば厳しい食事制限!!という考えを捨てていった方が効果的なダイエットを行うことが出来るでしょう。
食事を制限するダイエット方法を行うことによって最初のうちは体重も減ってくると思います。
しかし徐々に体のほうも危機感を感じ制限された食事量でも脂肪を貯蓄しようとして体重が減らなくなってきます。
ダイエットをしているときによく耳にする「停滞期」はこのことをいいます。
多くの人がダイエットを挫折するのはこの体重が減らなくなる「停滞期」で頑張っているのに体重が減らないことに
あせりや絶望を感じダイエットをやめてしまったりダイエット前の食事に戻したりすることで体重はみるみるまに元に
戻ったり前の体重よりも多くなってしまったりします。
これが「リバウンド」です。
停滞期中の体内は危機感を感じ脂肪を溜め込みたい状態にあるわけですからこの時期にダイエットをやめて食事量を戻すということは
体内にとってはとてもありがたいこと!脂肪をどんどん吸収してリバウンドしまいます。
それでは一体どうしたらダイエットを成功させることができるのでしょうか。
それには停滞期を乗り越えることが有効です。
体重が減らなくなったから諦める。ではなくこの間も頑張って続けていきましょう。
停滞期がふんばりどころです。
しかし食事制限をするとついつい食事の栄養のことは忘れがちです。
ダイエット中でも栄養のバランスを考えておかないと体に便秘や貧血、生理不順等様々な症状が起こってきます。
食事制限を行う場合は一品食いや絶食などではなくバランスのとれた食事をするように心がけましょう。
そしてダイエットにもう1つ重要なのは運動です。
健康的にダイエットを行うためにはバランスの取れた食事制限と効果的な有酸素運動を長期計画で楽しく行うことにあります。
短期間で綺麗に痩せることはできません。
無理せずに長いスパンで続けることができるダイエットを行うことが大切です。

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11