スポンサードリンク

ダイエット食品と食物繊維の関係

ダイエット食品に必ずと言っていいほど含まれてるのが食物繊維です。
体内の老廃物を排出する手助けをしたり、胃の中で膨張して満腹感を感じることが出来たりとダイエット食品とセットの食物繊維なのですが実はその種類はすごく多いことをご存知でしょうか?
食物繊維には大きく分けて不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
ダイエット食品にはこの2つのタイプが両方とも使用されていて様々なダイエット食品となって私達は摂取します。
不溶性食物繊維は水に溶けることのない植物繊維でありセルロースやリグニン等種類もいくつかあります。
水分を吸収すると胃で膨張し腸内に老廃物や毒素を排出してくれるものがこのタイプです。
ダイエット食品のなかでもおからを使用したものが不溶性食物繊維でデトックスの効果が得られるのもこのタイプです。
不溶性食物繊維には硬いものが多いようでよく噛めば満腹感も得られます。
後者の水溶性食物繊維は水に溶けてしまうため体内で消化されない食物繊維でペクチンやグルコマンナンやグアーガムなどです。
ダイエット食品でよく登場する海藻類も水溶性食物繊維で寒天などがこれに属します。ブドウ糖の吸収を穏やかにするので急上昇する血糖値を抑えることが出来ます。
ダイエット食品に食物繊維が多く含まれているものを選べば健康のためにもよいのですが何事も加減が大切で大量に取りすぎてしまえばお腹の調子が悪くなりますし合わない体質と言うのもよくあることです。
きちんと医師などに相談した上で無理をせず始めていきましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月14日 14:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエット食品の人気ランキング」です。

次のブログ記事は「ダイエット食品に使われる人工甘味料」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11