スポンサードリンク

糖尿病の治療の最近のブログ記事


検査などで糖尿病の疑いがみられた場合には、医師に教育入院を勧められる場合があります。教育入院とは、高血圧の疑いがある人や、肥満傾向の人、軽度の糖尿病を発症している人などを対象に行われるものです。
病院によって、短いところでは二泊三日程度から、2週間くらいまでの期間を設定して行われます。入院中は、糖尿病の基本的な知識をはじめ、運動療法や食事療法の正しい方法や、身体ケアの方法、治療に使用される薬剤についての説明など、糖尿病治療に関連する事柄を学ぶ泊りがけの研修のような入院です。
糖尿病についての知識は、インターネットを利用したり関連書籍を読んだりすることで多くの情報を得ることができますが、教育入院では専門家の指導による実施講習を受けることができるので、病気についての知識が深まり日常生活での治療を進めやすくなります。中でも糖尿病の食事療法は一般的な減量よりも厳格に制限されるため、教育入院での指導は非常に役に立つでしょう。
糖尿病の教育入院は、基本的に2週間を1スパンとして行われます。その期間中に医師を交えたオリエンテーションや、グループワークでの学習、また病院によっては家族といっしょに食品交換表の活用法などの指導を受けられる場合もあります。
糖尿病は発症後は生涯にわたって治療が必要となる病気ですので、しっかりと知識を身に着けることで正しい治療を行うことができ、より快適な生活を送ることにも繋がります。
入院の際には、保険に加入していれば入院給付金が降りますが、治療を兼ねた教育入院の場合は給付金が支給されることがほとんどのようですので、保険会社や役場などに問い合わせてみましょう。糖尿病の治療を始める際には、教育入院をして正しい知識を身につけることをおすすめします。


糖尿病治療のために、インスリン投与を受けている人は数多くいます。糖尿病の種類や、病気の進行度によっても異なりますが、糖尿病の治療にインスリンは必要不可欠なものとされています。この項では、インスリンについて説明をします。
インスリンは、すい臓にあるランゲルハンス島という内分泌性細胞群の中にあるβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種です。炭水化物の代謝を調整する作用を持ち、脂肪の分解抑制と合成促進、肝臓での糖新生抑制など、インスリンには多くの生理作用機能があります。
1901年にアメリカの病理学者ユージン・オピーによって、インスリンには血糖値を下げる作用があることが発見されました。このことにより、糖尿病はインスリンが作られるランゲルハンス島がダメージを受け、体内のインスリンが不足することで発症するということが判明しました。1921年にはカナダの整形外科医フレデリック・バンティングがインスリンの抽出に成功し、翌年には薬として製造が開始されました。1980年になると、遺伝子工学の技術によって副作用が少ない「ヒトインスリン」の生産が開始され、現在に至っています。
糖尿病治療ではインスリンは一般的に使われていますが、投与されるのは主に1型糖尿病の患者や、2型糖尿病でも症状が悪化している場合だけだと考えている方もいるかもしれません。
しかし経口薬に対して薬物アレルギーが出てしまう人や、食事療法・運動療法を行っても効果が見られない人、肝炎などの感染症を起こしている人など、患者の状態によっては糖尿病が軽度であってもインスリン投与が必要になる事もあります。また、現在では血糖値のコントロールを確実なものとするために、糖尿病の早期からインスリンが使用されるケースも多くなっているようです。


食事療法や運動療法を行っても糖尿病の症状に改善が見られない場合は、薬物治療が行われます。糖尿病治療に使われる薬物治療は、注射によるインスリン導入と、経口タイプの糖尿病薬の服用とに分類されます。
糖尿病の薬物治療にはいくつか種類があり、使用法も効果もそれぞれ異なりますので、医師と良く相談して自分に最も合う方法を決めて治療を進めましょう。
経口タイプの糖尿病薬は、症状が軽度〜中度の患者に処方されます。種類はビグアナイド薬やスルホニル尿素薬、即効性インスリン分泌促進薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、即効性インスリン分泌促進薬、インスリン抵抗性改善薬などが挙げられます。
この中では、ビグアナイド薬とスルホニル尿素薬とが昔から使用されてきた有名な薬で、副作用も少なく一般的な経口糖尿病薬として処方されています。
インスリン抵抗性改善薬は、インスリンの抵抗性を鎮めてインスリンの利きを良くする作用があります。α-グルコシダーゼ阻害薬は、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる薬です。
食事療法や運動療法による効果が薄く、インスリン非依存の患者の場合には、即効性インスリン分泌促進薬を用いると症状の改善に効果があります。
体内のインスリン不足が深刻な場合には、インスリンの皮下注射が行われます。
糖尿病治療では常に低血糖に注意が必要になるため、薬物治療を行いながら随時血糖値の測定をして、血糖値のコントロールを意識することが大切です。


糖尿病の治療は、食事療法から開始されるのが一般的です。忙しくて運動療法のための時間が取れない人でも、毎日の食事を工夫することで糖尿病の改善を進めて行くことができます。急には甘い物が止められなかったり、食欲が抑えられない人もいますが、食事療法は誰でも比較的始めやすく、血糖値のコントロール効果を期待できる療法です。
糖尿病治療において食事療法を行う際には、まず今までの食生活の見直しが必要になります。特に2型糖尿病の人の場合は、高カロリーの食事や栄養バランスの偏った食生活などが病気の原因になっているため、脂肪分の摂取をできるだけ控えて、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養バランスが考慮された食事内容に切り替える事が必要になります。
糖尿病治療のための食事療法は、一日に必要なカロリーを標準体重から割り出し、そのカロリー内に納まるような献立を決めて、食事内容を制限することで行われます。標準体重の算出方法は身長(m)×身長(m)×22になります。この値がその人の標準体重になり、これに生活活動強度をかけたものが、1日に必要な摂取カロリーになります。
生活活動強度は、そのひとの活動レベルに応じて25〜40に振り分けられます。普通の会社員の場合は「生活強度�U(中等度)」に分類され、標準体重に30〜35をかけると適正カロリー値が算出できます。
糖尿病の食事療法では、食品交換表を利用することも大切です。食事療法を進めていくためにはあらかじめ管理栄養士などの指導を受けて、食品交換表の使い方などを学んでおくと良いでしょう。


糖尿病は、運動療法を行うことによって症状が改善される場合があります。糖尿病の主な原因のひとつに運動不足が挙げられます。体内の血糖値が上がるのを防ぐ意味でも、必要最低限の運動を行うように日頃から心がけましょう。
運動療法は可能な場合は毎日行うのが一番良いのですが、毎日が無理な場合は週に三回ほどの運動でも効果があるとされています。糖尿病の治療には、短距離走などの無酸素運動よりも、水泳やジョギングのような有酸素運動が適しています。
一回の運動に長い時間をかける必要はありません。運動を開始してから脂肪の燃焼が始まる20分から、長くとも40分程度の軽い運動で十分な効果が得られます。糖尿病の運動療法は、継続して行うことで症状が改善していくので、根気良く運動を続けましょう。
運動療法は、血糖値の上昇を防止するだけではなく、脂肪の燃焼を促進して動脈硬化を防いだり心肺機能の向上にも効果があり、続けることで良好な体調を維持していくことができます。
糖尿病治療は、体内のインスリンの感受性が下がり投薬治療の成果が現れにくくなる傾向がありますが、運動療法を続けるとインスリンの感受性感度が上がっていくという利点もあります。糖尿病の症状の進行を避けるためにも生活の中に運動療法を取り入れて、積極的に行っていきましょう。
運動療法についての注意点は、食事前や早朝などの血糖値が下がった状態ではあまり効果が得られないという点です。糖尿病治療のために運動を行う場合は、低血糖昏睡を起こさないように時間を選んで行うように注意しましょう。


この項では、糖尿病の治療について、大切な事柄をいくつかまとめてみましょう。糖尿病の治療は、とても根気が要る治療です。
糖尿病の原因が肥満にある場合は、急激に痩せようと無理をしてリバウンドを起こし、以前よりもっと太ってしまう事もあります。そのようなことにならないよう、地道で計画的な治療が大切になります。多くの人が食事療法を長続きさせるのは困難と考えているようですが、家族や専門家のサポートを受けながら、少しずつでも努力をしていきましょう。
糖尿病の治療のために生活習慣を改善しようと思っていても、日々の生活が忙しくてそこまでの余裕がない人も中にはいるようです。そういった状況でも、医師や専門のアドバイザーと相談をすれば解決策が見つかります。
まず運動療法ですが、運動する時間が取れない人は、通勤時間を利用して毎日一駅分歩いてみるだけでも効果が現れてきます。主婦など、自宅にいる時間が多い人の場合は、掃除の際に掃除機ではなくほうきと雑巾を使ってみるなど、ちょっとした工夫で日々の運動量を増やすことができます。
次に、糖尿病の食事療法ですが、手作りが難しい場合には市販の糖尿病食を利用すると良いでしょう。現在では多くの食品メーカーから塩分やカロリーを配慮して作られた糖尿病食が販売されており、糖尿病や高血圧などに悩んでいる人々の間で評判となっています。
糖尿病食は管理栄養士の監修・指導の元に作られているため、味も見た目もきちんとしており安心して食べることができます。
血糖値のコントロールが上手く行かない場合は、短期間の教育入院も効果的です。教育入院では糖尿病について勉強をしながら、専門家の指導を受けることができます。
糖尿病の治療と改善には、自らの意思だけでなく家族や医療機関によるサポートが必要です。糖尿病について理解を深めながら、正しい治療を行って症状の改善に努めていきましょう。


この項では、糖尿病の治療がどのように行われるのかを説明していきます。糖尿病の治療の手順は糖尿病のタイプによって違いがありますが、多くの場合、最初の段階では食事療法と運動療法が取られます。
特に2型糖尿病の場合は、生活習慣の乱れが原因となって発症するケースが多いため、栄養バランスの良い食生活や定期的な運動を行うようにするだけでも、血糖値が下がって体内の環境が改善されますので、糖尿病治療の第一段階としてまず生活習慣の見直しを心がけるように医師から指導されるでしょう。
また煙草やアルコールなどの嗜好品も、糖尿病の発症に影響していると考えられています。健康的な生活を送れるように、糖尿病の治療を機に飲酒を控えたり、禁煙を実行するのも効果があります。
糖尿病が既に進行していて、生活の改善だけでは治療効果が期待できない場合には、より積極的な治療が行われることになります。そのような場合は、血糖値を下げる作用がある経口薬を用いた薬物治療に方法が切り替えられます。経口の血糖降下薬は、上がりすぎている血糖値を下げて正常化させ、糖尿病が引き起こす合併症を防ぐ目的で専門の医師により処方される薬物の総称です。糖尿病患者にとっては、血糖値をコントロールするために必要な治療です。
糖尿病が重い場合にはインスリン治療として、ペン型の注射器などを使用して直接インスリンを皮下注射し、血糖値の上昇を抑え、糖尿病型昏睡などを防ぐ治療が行なわれます。
以上のように、糖尿病の治療は病気の進行度によって段階的に分けられており、症状が重くなるに従って、より高度な方法に治療が移行していきます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち糖尿病の治療カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは糖尿病の基礎です。

次のカテゴリは糖尿病の症状です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11