スポンサードリンク

糖尿病の食事の最近のブログ記事


糖尿病の治療は、まず食事療法から始められる場合が多いようです。血糖値のコントロールを行うためには薬物療法や運動療法も大切ですが、食事療法をきちんと行って、身体の中から症状を改善していくのが最も効果的な治療法です。
糖尿病の食事療法は、ただ食事のカロリーを減らすのではあまり効果がありません。年齢や体格に合わせて適切なエネルギー量を計算し、栄養バランスを考慮しながら血糖値を上げにくい食品を中心に、毎日の献立を決めて行きましょう。
糖尿病の食事療法を行う際には、80キロカロリーを1単位としてカロリー計算をする方法が一般的です。食品交換表を使用してカロリーの計算を行い、患者それぞれの症状や体質に合わせて、決められた単位数で献立を考えて行くことになります。
食品分類は、いも類や穀物を表1、果物類を表2というように、たんぱく質や炭水化物など組成成分の違いで分類され、表ごとに食べられる単位数が定められます。同じ表の中であれば食品を交換することが出来ますが、違う表とは交換をする事が出来ません。糖尿病の食事療法は、このようにきちんと計算されたカロリー内で食品を組み合わせ、食事の献立を決めて行います。
食事療法を開始する際には、食品交換表の他に、電卓、献立ノート、はかりなどを準備しましょう。食事を家族に任せる場合には、患者用に家族とは別の料理を作ってもらうのではなく、一緒の献立でも大丈夫なように、量を測って小皿に取り分けるなどの工夫をすれば良いでしょう。
食事療法は、根気良く継続することで効果が得られる治療法です。食事療法を煩わしいと感じるのは始めのうちだけで、続けていると少しずつ体調が良くなり体重も減って来ますので、じきにそれほど苦に感じなくなるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち糖尿病の食事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは糖尿病の症状です。

次のカテゴリは糖尿病の予防です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11