スポンサードリンク

1型糖尿病について


1型糖尿病は、糖尿病の中でも子供が発症することが多い特殊な病気です。糖尿病の症状が出始めるのが早ければ8歳前後からとされ、多くの患者は10歳から18歳の間に発症します。
1型糖尿病は自覚症状がほとんどなく、風邪のような症状が出た際に体調の乱れを感じて医師の診察を受けると、病気が発症していた事が判明したというケースが多いようです。1型糖尿病が発症すると体内の血糖値を下げる働きをもつインスリンの分泌が悪くなるため、適切な治療を行わないとさまざまな合併症が併発されてしまいます。
1型糖尿病患者は、不足するインスリンを補うために、毎日欠かさずにインスリン注射を行わなくてはならない患者が多いようです。
1型糖尿病が発症する原因は、2型糖尿病のように日頃の運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣ではなく、ウイルスの感染による自己免疫反応によって、すい臓にあるランゲルハンス島のβ細胞に対する抗体が作られてしまい、β細胞が抗体によって攻撃されてインスリン分泌機能が破壊されてしまうことが原因とされています。
この自己免疫反応は、体内の免疫機能を制御している遺伝子の影響下にあるとされていますが、糖尿病の発症に至る経緯は完全に解明されていないのが現状で、感染から1週間以内に発症が起こる「劇症1型糖尿病」という病気もあります。
1型糖尿病は「小児糖尿病」とも呼ばれるためか、子供が発症する病気というイメージを持つ人が多いようですが、中には中高年になってから発症するケースもあります。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月19日 09:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病と教育入院」です。

次のブログ記事は「糖尿病チェックのすすめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11