スポンサードリンク

妊娠と糖尿病


この項では、妊娠と糖尿病の関係について述べてみましょう。
糖尿病の患者が妊娠出産をする事は、以前は大きな危険を伴うこととされていました。
高血糖の状態の妊娠は、胎児が奇形になる割合の高さが指摘されており、また、母体の中で胎児が大きくなりすぎたり、生まれてきた赤ちゃんが低血糖などの合併症を起こしてしまう可能性も否定できませんでした。このため、糖尿病患者の妊娠はできるだけ避けるようにと医師から進言されるケースが多かったようです。
しかし、現在は血糖値のコントロール方法も確立されており、糖尿病の女性でも妊娠出産が可能になっています。もちろん、健康な人の妊娠の場合よりも注意が必要であり、妊娠を希望する際には専門の医師とよく相談して、治療の内容を変更したり事前の検査を行うことが大切になるでしょう。
また、女性の場合は妊娠によって糖尿病を発症してしまう場合もあります。そのようなケースは妊娠糖尿病と呼ばれており、妊娠中の女性が注意しなくてはならない病気のひとつです。妊娠中は体内に様々なホルモンが分泌されますが、インスリンの働きを阻害する作用のあるホルモンが胎盤から放出される事が原因となって起こると言われています。
妊娠糖尿病にかかると妊娠中毒症が起こりやすくなり、流産や早産の危険性も高まるため、妊娠中はできるだけ食生活や生活習慣に気を配って、妊娠糖尿病を起こさないように心がけましょう。
妊娠糖尿病は妊娠中の一時的な症状のため、出産後は自然に治る女性が多いようですが、人によってはそのまま一般的な糖尿病に移行してしまう場合もあることから、出産後も血糖値の定期的な検診を受けて、体調の管理に努めるようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月13日 09:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病と低血糖対策」です。

次のブログ記事は「肥満と糖尿病」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11