スポンサードリンク

糖尿病の症状の最近のブログ記事


1型糖尿病は、糖尿病の中でも子供が発症することが多い特殊な病気です。糖尿病の症状が出始めるのが早ければ8歳前後からとされ、多くの患者は10歳から18歳の間に発症します。
1型糖尿病は自覚症状がほとんどなく、風邪のような症状が出た際に体調の乱れを感じて医師の診察を受けると、病気が発症していた事が判明したというケースが多いようです。1型糖尿病が発症すると体内の血糖値を下げる働きをもつインスリンの分泌が悪くなるため、適切な治療を行わないとさまざまな合併症が併発されてしまいます。
1型糖尿病患者は、不足するインスリンを補うために、毎日欠かさずにインスリン注射を行わなくてはならない患者が多いようです。
1型糖尿病が発症する原因は、2型糖尿病のように日頃の運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣ではなく、ウイルスの感染による自己免疫反応によって、すい臓にあるランゲルハンス島のβ細胞に対する抗体が作られてしまい、β細胞が抗体によって攻撃されてインスリン分泌機能が破壊されてしまうことが原因とされています。
この自己免疫反応は、体内の免疫機能を制御している遺伝子の影響下にあるとされていますが、糖尿病の発症に至る経緯は完全に解明されていないのが現状で、感染から1週間以内に発症が起こる「劇症1型糖尿病」という病気もあります。
1型糖尿病は「小児糖尿病」とも呼ばれるためか、子供が発症する病気というイメージを持つ人が多いようですが、中には中高年になってから発症するケースもあります。


糖尿病を発症した場合には、足の状態にも注意が必要です。
糖尿病の患者の中には、足先に痛みやぴりぴりした痺れなどの感覚を覚える人がいます。これらの症状の原因は、糖尿病による神経症の可能性があります。糖尿病の合併症のひとつに神経障害がありますが、足首よりも先の部分に異常が認められるケースは、糖尿病末梢神経障害が起きていると考えられます。
糖尿病末梢神経障害は、糖尿病の治療を受けていても、血糖値のコントロールが上手くいかない状態のまま数年を経た場合や、糖尿病だと気づかずに病気を長年放置してしまったような場合に起こります。
いつの間にか火傷をしていたり、足先に怪我をしているのに気が付かなかったり、傷の直りが遅いといった事に心当たりがあるときは、糖尿病末梢神経障害が起こっている可能性があります。しかし、足の神経障害は内科的な原因によるものや、脳神経系の障害が原因となっているものもあるので、安易な自己判断は止めましょう。
糖尿病による障害の場合は、両足に症状が見られることが多く、比較的判断が付きやすいですが、きちんと専門医の診察や検査を受けた方が、的確な診断を得られるでしょう。
糖尿病が原因となって、足を切断したというケースも一部にはあります。糖尿病末端神経障害が進行して足に重い知覚障害が起こると、壊疽を発症する場合があり、治療が遅れてしまうと切断に至る場合もあるのです。このような事態にならないためにも、足の痛みや痺れなどを軽視せずに、気になったときには病院で早めの検査を受けるようにしましょう。


糖尿病の三大合併症のひとつにあげられるのが、神経障害です。
神経は人間が生きていく上で非常に重要な役割を果たしており、生命活動の柱ともいえる部分です。
糖尿病の中でも特に危険度が高いとされるのが神経障害であり、症状が重くなると命の危険を伴う場合もありますので、合併症の予防には十分な注意が必要です。
糖尿病が私たちの神経にどのような影響を及ぼすのかというと、高血糖値の状態が長く続くと、神経細胞の中にソルビトールという物質が作られて、徐々に蓄積されていきます。
このソルビトールには神経に障害を起こす作用があり、身体のいたる所で神経障害の症状が引き起こされてしまいます。
糖尿病性神経障害は、原因や症状によって、自律神経障害、単一性神経障害、多発性神経障害に分類されます。
糖尿病による神経障害の症状は、発汗異常、感覚麻痺や痺れ、膀胱異常、起立性低血圧など様々なものがあります。
神経障害が重くなると、神経が麻痺を起こして痛みなどの感覚が薄れてしまい、気が付かないまま火傷や怪我をしてしまうことがあり、そのまま壊疽が起こって手や足などを切断せざるを得なくなったりする場合もあります。また、無自覚性低血糖による突然の意識喪失や、無痛性心筋梗塞の発作が起こることもあり、最悪の場合は突然死が引き起こされることもあります。
このような事態にならないためにも、定期検診を忘れずに受けて糖尿病の予防と早期発見を心掛けましょう。


糖尿病の症状が起こると、高血糖によって身体中の血管に負担が掛かり、様々な合併症が起こる可能性が増大します。
血管のトラブルで最も問題視される症状が動脈硬化でしょう。糖尿病は動脈硬化を誘発させる可能性があり、更に症状が進行する事で脳梗塞や心筋梗塞といった命にかかわるような重病を招く危険性があります。
糖尿病患者の場合、健康な人と比較して脳梗塞が起こる可能性は三倍ほどの差があると言われています。心筋梗塞の場合も同様で、糖尿病の合併症として神経症が誘発される可能性があるため、健康な人よりも発症率が高まります。また、足の血管が障害を起こす閉塞性動脈硬化症も、糖尿病がある場合には三倍の発症率になると言われています。
動脈硬化は高血圧が原因になることも多いのですが、糖尿病が原因となるケースもあり、血糖値のコントロールをして動脈硬化が起こらないように注意しなくてはなりません。特に動脈硬化や高血圧やなどははっきりした自覚症状が少ないため、病気に気づかずに治療をしないでいると、急性発作が起こって死に至ることもある恐ろしい病気です。糖尿病の場合には、ふだんから食事療法などで対策を行い、体調管理をしておく事が必要です。
糖尿病の定期検診を必ず受けるようにして、早期発見に努めれば、体内の血管のダメージが大きくなる前に対処できます。血管を健康に保つ事は、健康で快適な生活に繋がります。食生活や生活習慣を見直して、糖尿病が起こらないように普段から心がけましょう。


糖尿病の合併症のひとつに、視覚障害があります。代表的ものは血管新生緑内障、白内障、糖尿病網膜症で、いずれも重度になると失明の危険を伴う視覚障害です。
糖尿病の特徴には自覚症状がないことが挙げられますが、これらの視覚障害もはっきりした自覚症状はないことが多く、ある日急に目が霞んで来たので医師の診察を受けてみると、糖尿病の合併症として視覚障害が起こっていることが分かり、すでに手の施しようがないほど病状が悪化していたという話は珍しくありません。
この自覚症状がないことが、糖尿病と合併症の最も怖いところでしょう。
視覚障害を防ぎ、失明などが起こらないようにするためには、糖尿病の検査と眼底検査を定期的に受けて、できるだけ早期発見に努める事が大切です。
眼底検査は、検眼鏡と呼ばれる検査機器を使い、眼球に光を当てて眼の網膜の状態を調べます。糖尿病の場合は網膜に小さな出血や損傷、シミなどが見られるため、合併症が発症しているかどうかの判断ができるのです。
合併症による視覚障害が起こる人は、年間約3000人と言われています。糖尿病が発症してから、適切な治療をせずに7年以上が経過している場合には失明の危険性が高まります。また、長年に渡って糖尿病の治療を受けている人の八割以上は、何らかの視覚障害が起こるとされています。
視力が弱まると日常生活にも負担が掛かりますから、糖尿病にかかった場合には眼のケアも忘れず、合併症の予防に努めていきましょう。


糖尿病が危険な病気であると言われているのを、耳にしたことのある人は多いでしょう。
糖尿病は一度発症すると完治することは難しく、また自覚症状がほとんど無いため気が付かない内に身体の中で病気が進行してしまうことも少なくありません。
糖尿病にかかると、多くの合併症が引き起こされます。糖尿病が恐ろしい病気と言われているのは、日常生活に多大な影響を与える疾病や、命に係わる重篤なものが合併症として起こることが多いためです。
糖尿病には「三大合併症」と呼ばれているものがあります。
それは、糖尿病腎症、糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害の三つの病気で、高血糖状態によって体内の血管がダメージを受けたり、神経障害によって身体の各機能に異常が起こったりという症状が現れます。これらの三大合併症は有名ですが、他にも糖尿病の合併症はたくさんあります。
例を挙げると、脳梗塞、心筋梗塞、乳酸アシドーシス、皮膚炎、壊疽、白内障などに加えて、歯槽膿漏といった病気も糖尿病による合併症と考えられています。
糖尿病の合併症は、急性のものと慢性のものに分けられており、上に挙げた症状は急性合併症に分類されます。慢性のものは、高血糖に伴って起こる糖尿病性昏睡、高浸透圧性高血糖症候群、ケトアシドーシス性昏睡などがあります。
糖尿病によって引き起こされる合併症が原因となって死亡する人はけして少なくありません。糖尿病と診断された場合には、さらなる合併症を招かないように正しい治療を行って症状の改善に努めましょう。


糖尿病にはいろいろな症状があります。糖尿病にできるだけ早く気付くためにも、代表的な症状を知っておくことが大切です。
代表的な症状として、喉の渇きと疲れやすさが挙げられます。糖尿病患者の体内は、インスリン不足によって慢性的に血糖値が上がっている状態のため、口の渇きによる多飲と、それに伴う多尿の症状が多くのケースで現れます。
気温が高い、運動の直後などといった特別な条件下ではないのに、無性に飲み物が欲しくなるような場合には、糖尿病の症状が現れている可能性があります。
糖尿病は、疲れやすさや体のだるさといった症状もよく聞かれます。糖尿病にかかっていることに気づかずに、体力をつけようとして食事の量を増やしたりすると、病気を進行させる危険性を増やしてしまうことになりかねませんので、心当たりがある場合には早めに病院で検査を受けましょう。
また、食欲が増加してしまうケースも中にはあります。糖尿病にかかると体内のインスリンが不足することにより、脳に対して「満腹していない」という信号が送られ、食欲が高まってしまう場合があります。
糖尿病患者の中には痩せている人もいますが、これは活動のエネルギー源となるブドウ糖が尿と共に体外に排出されてしまい、脂肪を主なエネルギー源として利用しなくてはならなくなるためです。特に減量などしていないのに体重が不自然に減っていくので、不審に思って検査を受けると既に糖尿病が進行していた、と言う話は珍しくありません。
ふだんの生活の中で「糖尿病かもしれない」と感じたら、できるだけ早めに血液検査を受けましょう。早期発見を心がけることが、糖尿病の予防に繋がります。


ます。この項では糖尿病のひとつである2型糖尿病について解説をします。
2型糖尿病の原因は非常に複雑ですが、原因が判明していない1型糖尿病とは異なり、原因をある程度特定することができます。
2型糖尿病の主な原因は高カロリーな食事や運動不足、ストレスなどによって体内のインスリンが分泌不足になってしまう事と言われています。食事の西洋化が進み、便利な交通機関が登場することに伴って、年々発症する人が増加している事から「現代病」のひとつとも言われています。
現代社会における人間の生活には、体内の血糖値を上げてしまうような要素が多く、糖尿病が誘発されやすい状況となっているのです。ストレスが2型糖尿病の原因のひとつとなっているのは、ストレスによる暴飲暴食が肥満を引き起こし、それが糖尿病の原因になりやすいとされているためです。
糖尿病には遺伝的要素も含まれています。2型糖尿病の場合は、血縁に糖尿病の患者がいると起こる可能性が高まるとされ、両親が共に糖尿病の場合は75%以上の確率で子供にも糖尿病の症状が現れ、どちらか片方の親が糖尿病の場合には25%以上の確率で発症するとされています。
特に日本人の場合は、欧米人と比較してすい臓の抵抗力が低いため、糖尿病を発症しやすい民族であるという研究結果も発表されています。
糖尿病の予防や治療の為にも、できるだけ原因を理解して、改善を目指していきましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち糖尿病の症状カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは糖尿病の治療です。

次のカテゴリは糖尿病の食事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11