スポンサードリンク

糖尿病の基礎の最近のブログ記事


煙草は「百害あって一利なし」と言われているように、健康に対する影響が懸念されている嗜好品のひとつですが、糖尿病にも悪影響を与えてしまうとされています。
糖尿病を悪化させる要因である食べ過ぎや運動不足などと同様に、煙草も糖尿病と深い関連があります。
糖尿病は血糖値が正常値よりも高くなることによって、心筋梗塞などの合併症が起こる危険がありますが、糖尿病の人の場合は喫煙することによってさらにリスクを高める結果を招くことになります。
糖尿病患者の体内では、高血糖のために血液の粘度が上り血流が鈍くなるのですが、喫煙することで体内にニコチンの成分が入って血小板がくっつきやすくなるため、さらに体内の血行が妨げられてしまいます。
以上のことから、糖尿病でなおかつ煙草を吸っている人の場合は、狭心症、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化などを発症しやすく、合併症がより重篤なものになる可能性が大きくなってしまいます。
糖尿病に喫煙が厳禁とされているのは、喫煙によって被る健康被害が甚大になるためです。
糖尿病の治療を円滑に進められるように、喫煙者は禁煙するように心がけましょう。
血圧が高めの人でも、禁煙をすると血圧が下がる場合あり、胃腸の調子も良くなりますし、肺ガンの予防にもなるため、禁煙は健康を保つためにとても大切です。
現在では、ニコチンパッチやガムなどの禁煙補助グッズも市販されていますので、糖尿病対策の一環として、これらを利用しながら禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。


糖尿病を発症させる原因の中で、もっとも一般的なものが肥満です。肥満はアルコールや煙草などと並んで、糖尿病の予防や治療のためにはできるだけ避けなくてはならないもののひとつです。心筋梗塞や動脈硬化などは肥満によって引き起こされ、糖尿病の合併症の代表的な症状となっています。
糖尿病を予防するためには、まず肥満にならないようにすることが大切といわれています。人間の体内には、エネルギーを貯蔵する役割をもつ脂肪細胞という細胞がありますが、肥満が起こることによって、この脂肪細胞がインスリンの血糖降下を妨げる働きをする事が分かってきました。
以上のことから、糖尿病の予防や治療のためには、肥満を防ぐ事がいかに重要なのかを理解していただけたと思います。糖尿病治療の最も重要な目的は、インスリンの感受性を健康な状態に近づけるということあり、肥満の状態では目的を達成できない事は明らかです。
体重を減らすと血糖値のコントロールもしやすくなりますので、肥満の人は毎日の食事内容や運動量に気を付けて、減量に励むようにすることをおすすめします。
糖尿病の予防や治療に肥満は大敵です。健康的に痩せることで、糖尿病の予防と症状の改善を目指していきましょう。


糖尿病治療を行う場合は、低血糖状態にも備えておかなくてはなりません。
糖尿病と低血糖は正反対の状態ですから、糖尿病患者がなぜ低血糖の心配をする必要があるか疑問に感じる人もいるでしょう。高血糖の状態が続くことで、身体の各所に多大なダメージを受けるのが糖尿病です。
しかし糖尿病の治療においては、低血糖に対する備えがなくては生命が危険になる可能性が高く、特に病気の症状が中程度から重度の患者の場合は、普段からの準備が必要とされます。
糖尿病の患者には、毎日インスリンを補給している人が少なくありません。インスリンは体内の血糖値を下げて、正常な値に保つ作用を持っているため、糖尿病の治療に不可欠なものです。
しかし、インスリンの効果が強すぎたり、誤って過剰に投与したりなどの理由で低血糖状態に陥った場合には、眩暈、手足のふるえ、大量の発汗、ろれつが回らなくなるなどの症状が起こります。さらに進むと意識障害が起こり、低血糖昏睡によって倒れてしまうこともあります。低血糖昏睡が起こった場合には、速やかに適切な処置が行われなければ死に至ることもあるため、注意される症状のひとつとされています。応急の対処方法は、低血糖状態になってしまった場合、ブドウ糖(白砂糖など)を口にして、安静にする事です。
糖尿病治療でインスリンを補充している人は、普段の外出でも常にブドウ糖を持ち歩くように心がけるのが大切で、糖尿病のIDカードも忘れずに携帯し、周囲の人にも糖尿病である事を知らせておくなど、事前にできるだけ備えをしておきましょう。


この項では、糖尿病が起こる仕組みについて説明をします。
糖尿病を一言で表すなら「血糖値が上がる病気」です。血糖値の「糖」はブドウ糖のことで、体内のブトウ糖の濃度が血糖値になります。
ブドウ糖は人間の生命活動にとって必要不可欠な物質ですが、過剰にあるのも問題になります。人間の体内では、余ったブドウ糖を細胞内でグリコーゲンに変化させて肝臓や筋肉組織に移動させるのですが、その際にインスリンが働きます。インスリンは、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種であり、炭水化物の代謝を調整する働きをしています。
糖尿病は、このインスリンの分泌機能が損なわれ、体内のインスリン分泌量が不足する事で発症します。糖尿病とは、体内の血糖値を自らの力では下げる事が出来なくなった状態のことなのです。
糖尿病の原因には、食べ過ぎによる肥満や、日常的な運動不足などが挙げられます。特に食べ過ぎによって体内のブドウ糖が必要以上に増えると、その分インスリンを多く分泌させなくてはならず、すい臓に多くの負担が掛かるためにそれが原因となって分泌機能が損なわれるケースが多いようです。
糖尿病はふだんの生活習慣を改善することで十分に予防することができます。食事の内容や運動量に気を配って正常なインスリン分泌機能を保ち、糖尿病予防を心がけるようにしましょう。


糖尿病は患者の数が多く国内では一般的に知られている病気で、「日本の国民病」とも言われている病気のひとつです。しかし非常に有名な病気ではありますが、実際に詳しい予防方法や治療法についてはあまり良く理解していない方がまだ多いのではないでしょうか。
糖尿病は病気が進行すると重篤な合併症を招くことがある危険な病気です。また、自覚症状が少ないために、気が付かない内に病気にかかってしまっている可能性があります。日頃耳にする機会が多いだけに、かえって糖尿病の恐ろしさが良く伝わっていない場合があるかもしれません。
糖尿病を危険な病気とする理由は、合併症によって引き起こされる症状が命に係わるものが多いためです。糖尿病による合併症の主なものは、腎臓、神経、目などに現れます。人間の生命活動に直結する合併症が多く、身体の隅々にまで広がっている血管まで深刻なダメージを受ける場合もあり、糖尿病にかかった場合には合併症を起こさないように対策を取らなくてはなりません。
糖尿病は現在のところ、一度かかると完治することが非常に難しい病気とされています。投薬によって血糖値のコントロールを行い、通常と変わらない生活を送ることは出来ますが、完全に治す事はほぼ不可能とされており、発症した場合はそれ以降生涯にわたって治療を続けていかなくてはなりません。
定期的な検査を受けて、糖尿病の早期発見を心がけましょう。また、糖尿病についての理解を深め、予防に努めていきましょう。


が行なわれます。
血液検査は血糖値が正常な基準値を超えていないか、尿検査は尿の中にブドウ糖が過剰に含まれていないかという点がそれぞれチェックされます。
これらの検査は一般的な健康診断でも行われている検査で、糖尿病の有無を判断する材料となります。
しかし、これらの検査は軽度の糖尿病の場合は発見されにくい場合があります。血液検査は、採血項目の中に「ヘモグロビンA1c」があれば判別しやすいのですが、項目は健康診断の検査機関や企業の方針によって異なるため、診断の結果をそのまま鵜呑みするのは少々考えものです。また、尿の中のブドウ糖濃度や、体内の血糖値は毎日変動しており、前日の食事内容や運動量によっても異なるため、正常値と糖尿病の基準値の境目にいるような人の場合は診断が難しくなります。
基本的な検査によって糖尿病の兆候が見られた場合には、精密検査を受けることになります。精密検査の場合は、炭酸水に溶かした75gのグルコースを飲んで、時間ごとの体内の血糖値の変動を調べます。2時間後の血糖値が200mg/dlを超えている場合、糖尿病と診断されます。
糖尿病は自覚症状がないケースも多く、会社の健康診断を受けて始めてかかっている事に気が付いたり、別な病気で病院に行って検査を受けたら糖尿病が起こりそうな状態にある事が判明したりなど、早期発見が難しい病気のひとつとされています。糖尿病の早期発見と早期治療のためにも、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。


糖尿病にはいくつかの種類があります。種類によって発症する原因や過程が異なるので、種類による相違点を理解しておくのも予防や治療に役立ちます。
糖尿病にははっきりした原因が不明なまま起こるものがあり、1型糖尿病に分類されるものがそれにあたります。1型糖尿病は、膵臓にあるβ細胞というインスリンを作る細胞が自分自身の体内に存在しているリンパ球によって誤って破壊されてしまい、体内に分泌されるインスリンが不足することで引き起こされます。
1型糖尿病は生まれてから8歳前後までの間に発症するケースが多く、十万人に一人〜二人の確率で発症する病気で、以前はインスリン依存型糖尿病や小児糖尿病と呼ばれていました。1型糖尿病は、後天的な原因で糖尿病が起こるものとは区別されており、現在は明確な治療法が確立されておらず、一度発症すると生涯にわたって毎日インスリン補充を行なうことが必要となる病気です。
糖尿病で最も患者数が多いのは、2型糖尿病と呼ばれているタイプです。糖尿病患者のうち95%以上がこのタイプに分類され、不摂生な生活習慣による太りすぎが主な原因とされており、すい臓がダメージを受けた結果、インスリンの体内分泌量が不足することで発症します。
また、糖尿病の中には妊娠中の女性がかかるものもあります。妊婦さんがかかる糖尿病は妊娠糖尿病と呼ばれ、妊娠中の体内ホルモンのバランスが崩れることによって起こり、症状が重くなると羊水過多症や尿路感染症を併発しまうことがあるため、妊娠中には特に注意が必要な病気のひとつです。
他にも体内ホルモンの過剰分泌や、すい臓機能の低下によって糖尿病を誘発してしまう二次性糖尿病や、糖尿病と正常の境目の状態である境界型糖尿病(耐糖能障害)といった種類があります。


糖尿病であるかどうかは、体内の血糖値を測ることで判断することができます。糖尿病の判断は、日本糖尿病学会によって診断基準が定められており、基準値には三つの条件があります。
一つは、空腹時の血糖値が126mg/dl以上である事です。二つ目は、随時血糖値(食事時間に関係なく測定された血糖値)が200mg/dl以上である事です。三つ目は、ブドウ糖負荷試験で2時間値が200mg/dl以上である事です。
この三つの条件の中で一つでも該当した場合は、糖尿病の疑いが濃厚なため、「糖尿病型」と判断されます。
糖尿病であるかどうかの診断は、簡単に下すことはできません。血糖値は、測定した日の運動量や食事の内容、また起床からどれくらい経過しているかなどさまざまな条件によって大きく変化します。そのため、糖尿病と一度診断されても、再検査では問題がなかったり、その逆のケースも起こります。正しい診断のために、可能であれば複数回の検査を受けた方が確実な結果が得られるでしょう。
さらに、糖尿病には「境界型糖尿病」というものもあります。正常な身体の場合は、空腹時の血糖値が110mg/dl未満で、ブドウ糖負荷試験は2時間値140mg/dl未満とされています。この正常値を超えていても、糖尿病の基準値までは至らないという場合には「境界型糖尿病」と診断されます。
「境界型糖尿病」は“糖尿病予備軍”とも呼ばれており、生活習慣を改めるなどの対策を取らないと、本格的な糖尿病に移行する可能性が大きくなります。「境界型糖尿病」と判断された場合には、健康を維持していく為にも正しい対処法を理解して、糖尿病の予防を心がけるようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち糖尿病の基礎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは糖尿病あれこれです。

次のカテゴリは糖尿病の治療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11