スポンサードリンク

便秘に効くプルーンについて

便秘になるとお腹が張ったり、痛みが出たり、吐き気や食欲がなくなってしまうこともあります。
時には、肌荒れや吹き出物といった不快な症状が出たり、肩こりやめまい、イライラや不眠を引き起こすとも言われています。

便秘の症状を改善するためには、食生活を見直してみましょう。
便秘の解消には、食物繊維を摂るといいと言われますが、中でも、注目したいのが、プルーンです。
プルーンは、ドライフルーツとしてスーパーなどでよく見かけますね。

プルーンが便秘解消によいと言われる理由は、プルーンは“水溶性食物繊維”をたくさん含んでいるからです。
“水溶性食物繊維”の特徴は、胃の中でとどまっていられる時間が長く、水分を保持する力も強いこと。また、体内で溶けてゲル状になることで、小腸での栄養素の消化吸収を遅らせたり、便のかさを増して、腸に適度な刺激を与えて便が腸内をスムーズに動きやすくします。
そして、有害物質を体外へ出すという働きがあります。
さらに、ドロドロに溶けたプルーンの食物繊維は、善玉菌のエサとなり腸内環境を整える働きも持っています。

その他にも、プルーンには便秘解消に効果のある成分が、多く含まれています。
例えば、お腹の調子を整える働きを持つ『ペクチン』。腸のぜん動運動を活発にしてくれる『カリウム』。
腸内で、酸を作るのに役に立つ、糖アルコールの一種『ソルビトール』などが含まれています。
ですからプルーンは、お腹の調子を整えながら、腸の動きを活発にさせ、便に水分を含んで通りをよくし、便秘を解消する、という“すぐれもの”なのです。

そんなプルーンですから、食べ過ぎると下痢を起こすこともありますので、注意しましょう。
ドライフルーツのプルーンを1日数粒、そのまま食べるというのも良いのですが、美味しくて、便秘解消に良いからといって、摂りすぎないように、気を付けましょう。

朝食の時に、刻んだプルーンをヨーグルトに入れて、一緒に食べるようにすると、より便秘解消の効果も高くなるでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月13日 22:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便秘に効くマッサージ お腹に“の”の字」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11