スポンサードリンク

便秘に効くマッサージ お腹に“の”の字

しつこい便秘を改善ためには、マッサージも効果的ですね。
お腹のところをマッサージすることで、腸の働きを高めてぜん動運動を促してくれるので、便意を感じるようになるのです。

マッサージは、腸の形に沿って行うと、便秘に効果的です。
そのためには、仰向けになり腰の下に枕を入れるなどしてお腹を伸ばすような姿勢をとります。
そして、おへその周りに手の指を4本あてて、“の”の字を書くような感じで、マッサージします。
お腹を時計回りの方向にゆっくりと軽く、30回ほどくるくるしましょう。
この、“の”の字を書くお腹のマッサージは、大腸の配置に沿ってマッサージすることになるので、腸が刺激されて便意が起こります。
うまく排便が促され、便秘が解消されるのです。

また、お風呂につかってリラックスしている時に、“の”の字を書くお腹のマッサージを行なうのも便秘解消に効果的です。

それから、おへその横、指2本分ほど外側からさらに指3本分下に下がったところの左右両方に、『大巨(たいこ)』という、ツボがあります。
これは、便秘の解消のために刺激するとよいポイントなので、お腹が張るなどの症状があるときには、お腹にのの字を書きながら、『大巨(たいこ)』を刺激するのも、効果があります。

マッサージは、食後3時間くらいに行うのが一番、便秘の解消に効果的です。
私達が食事をした時、食べたものは胃で消化されて、腸へと移動していきます。
この、腸に移動していくのが丁度、食後3時間後くらいなのです。
その時に、腸の動きを助けてあげるお腹のマッサージをするのが、タイミングとして良いのです。

便秘が解消されたスッキリとしたお腹になるためには、普段から、バランスの取れた食生活や規則正しい生活に気をつけることも大切ですが、適度な運動と、“の”の字を書くお腹のマッサージを続けると良いでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月12日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便秘に効く『ヨーグルト』について」です。

次のブログ記事は「便秘に効くプルーンについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11