スポンサードリンク

便秘に効く『ヨーグルト』について

便秘の解消には、食物繊維と乳酸菌を多く含む食品が、良いといわれていますね。
乳酸菌を多く含む食品の代表的なものと言えば、ヨーグルトなどの乳製品や納豆、キムチなどがあります。
中でも、ヨーグルトに含まれる、ビフィズス菌が便秘の解消にとても効果を発揮するのです。

人間のお腹の中には、悪玉菌と善玉菌が存在していることは、ご存知ですね。
その悪玉菌と善玉菌のバランスが、私達の健康のカギとなっています。
仮に悪玉菌が多くなってくると、腸の働きを悪くして便秘や発がん物質を作り出してしまい、健康に悪影響を及ぼします。

その反対に腸内の善玉菌が増えると、腸の働きが整い、代謝がよくなるので、排便もスムーズになります。
ヨーグルトには、ラクチュロースやラクトフェリンといった、善玉菌を増やす成分が豊富に含まれています。
また、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌によって、腸内に酸が発生し、悪玉菌の増殖を抑えます。
さらに、腸内で発生する酸は、腸の運動を活発にする働きがあるので、ヨーグルトは便秘を改善する効果があるといわれているのです。

ですが、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、胃や十二指腸で、死滅してしまい、腸までは届きませんので、たまに、腸の調子の悪い時だけ食べるというのでは、ヨーグルトによる便秘解消効果を十分に得ることはできません。
ですから、毎日ヨーグルトを摂るようにして、腸内の細菌のバランスを整えるようにしましょう。
ヨーグルトの便秘解消の効果をより発揮させるためには、朝、食事と一緒に摂るのことをお勧めします。

朝ごはんは、しっかり摂りたいものですが、朝ごはんを食べる習慣がない人でも、ヨーグルトなら手軽に食べられるでしょう。
ヨーグルトを毎日同じ時間に食べることで、排便のタイミングが整い、お腹の調子もよくなります。

また、ヨーグルトにオリゴ糖をプラスしたり、果物などのビタミン類や野菜類などの食物繊維と一緒に摂ることも、便秘を解消するのに効果的です。時には、オリジナルのヨーグルトレシピを考えてみるのもいいですね。

薬に頼らず、便秘を解消するためには、ヨーグルトなどの体に優しい食べ物で、腸内環境を整えるようにすることが、大切でしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年3月 8日 01:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便秘に効く漢方薬とは」です。

次のブログ記事は「便秘に効くマッサージ お腹に“の”の字」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11