スポンサードリンク

便秘解消によい生活習慣について

便秘が慢性化してしまった場合、その症状を、すぐに改善することはできません。
病院や薬局の便秘薬を服用したとしても、その場しのぎの一時的なもので、薬を飲むこと止めてしまうと、またもとの便秘状態に戻ってしまうことが多いでしょう。便秘そのものが改善されたわけではないのです。

なぜなら、乱れてしまった食生活や生活習慣が、便秘の原因だからです。
ですから、生活習慣や食生活がきちんと改善されなければ、いくら薬を飲んでも、根本的な便秘の解消にはならないのです。

便秘を解消するには、乱れてしまった食生活や生活習慣を、正しい状態に戻す必要があります。
規則正しい健康的な生活を心がけ、早寝早起き、一日三食きちんと食事を摂る、適度な運動を行うなど、基本的なことが大切になります。

便意が一番起こりやすいのは朝の時間と言われています。
朝ごはんをきちんと摂ることで、腸が刺激され、排便が起こりやすいタイミングになります。
ですが、早起きの習慣がついていないと、朝食が摂れなかったり、朝食後に便意が起こっているのに、時間がないために排便を我慢しなければならないこともあるでしょう。便意を我慢するということを繰り返していると、便意を感じにくくなるため、いずれ便秘になってしまいます。
ですから まず、しっかり朝食を摂り、ゆっくりとトイレタイムが取れるようにしましょう。排便のリズムを作ることが大切です。

また、朝起き抜けにコップ一杯の冷たい水や牛乳を飲む習慣を付けることも、便秘解消のためには良いことです。
冷たい水や牛乳で腸が刺激されるので、特に、腸の働きが弱っている弛緩性便秘に効果的です。

ですが、痙攣性便秘の人の場合は、腸の緊張が高まっているため、冷たい水では、刺激が強すぎてしまいます。
ですから、痙攣性便秘の人は、ぬるめのものを飲むようにしましょう。

また、便秘には、ストレスも禁物です。
疲れやストレスは、きちんと解消できるよう、リラックス方法を見つけることも、便秘解消に役立ちます。

このブログ記事について

このページは、genが2010年2月20日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエットによる便秘について」です。

次のブログ記事は「便秘解消に効くレシピとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11