スポンサードリンク

ストレスによる便秘の改善法

便秘の原因は、十分な水分を取れていなかったり、食物繊維の少ない食事を続けていたり、運動不足が続いていたりという、食生活や生活習慣が原因となっていることが多いです。ですが、疲れや緊張といった、精神的なストレスによっても便秘になることがあります。

ストレスと便秘。結びつかないような気もしますが、大腸のぜん動運動の働きは、自律神経が支配しています。
自律神経というのは、ストレスに弱く、すぐ乱れてしまいます。
ストレスによって自律神経が乱れると、支配されている大腸の働きにも影響が出ます。
大腸のぜん動運動が弱くなったり、動きが鈍くなったりして、便をスムーズに運ぶことができずに、便秘になってしまうのです。

ストレスは、腸内環境にも影響を及ぼします。
ストレスを感じると、腸内のビフィズス菌が減少してしまい、善玉菌を増やすことができなくなってしまいます。
そのため、腸内環境が乱れて便秘が起こりやすくなるようです。

ストレスが原因の便秘の場合、便秘に良いといわれる食物繊維も刺激となって、便秘を悪化させてしまうこともあります。
いつも言われる食物繊維の多くは“不溶性食物繊維”のことを指しますが、ストレスが原因の便秘の場合は、昆布やわかめなどの海藻類やごぼうなど“水溶性食物繊維”の多い物やヨーグルト、お粥などを食べるようにして、様子を見ましょう。

また、緊張状態からお腹が張ったり、肩が張ったりという症状が起こってきます。
こういった症状は、ストレスを感じやすい人の多いようで、便秘にもなりやすいようです。
ストレスが原因となって起こる便秘を解消するには、スポーツをしたり、趣味に没頭するなど、ストレスを解消することが一番効果的です。
例えば、スポーツの他にも、ぬる目のお湯にゆっくり浸かったり、アロマテラピーを楽しんだりすることもストレス解消には良いことです。
睡眠をしっかり取って、上手くストレス解消をしてリラックスできる方法を見つけて、ストレスを溜めないようにすることで、ストレスが原因となる便秘は改善されていくでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2010年2月15日 05:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便秘解消のための食事について」です。

次のブログ記事は「ダイエットによる便秘について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11