スポンサードリンク

その他便秘の話題の最近のブログ記事

妊娠中に便秘を経験した人はとても多いことでしょう。妊娠中の便秘は、本当に困ってしまいます。

そもそも、便秘は男性よりも女性の方がなりやすく、女性ホルモンが影響しているからだと言われています。

女性ホルモンには、腸の働きを抑える作用があり、排便を起こりにくくするという働きを持っているからです。

妊娠するとさらに、女性ホルモンの中の“黄体ホルモン”の分泌が活発になります。
“黄体ホルモン”は妊娠を継続する上で特に重要なホルモンなのです。

この“黄体ホルモン”が腸のぜん動運動を抑えてしまうため、便秘を起こす原因となります。
さらに、妊娠中期には、黄体ホルモンは胎盤からも分泌されるようになります。

また、妊娠中期~後期にかけてはどんどんお腹が大きくなります。
そのため、腸が圧迫されて腸の働きがスムーズに行われにくくなるので、さらに便秘になりやすくなります。
ですが、妊娠中はお腹の赤ちゃんのために、お腹に力を入れすぎないように注意されるんですよね。
腸の動きが鈍くて、スムーズにいかないのに、力も入れられないので、上手く排便できない日が続いてしまうことがあります。

妊娠すると便秘になりやすいというのは、“黄体ホルモン”や大きくなるお腹によるものなので、仕方のないことなのです。
だからこそ、妊娠していない時よりも運動や、食事に気を付けなければなりません。
食物繊維を多く含む野菜や海藻、きのこ類などを意識して摂ったり、水分もこまめに摂るようにしましょう。
便秘の予防・解消には、腸内環境を整えるように注意することが大切です。

それ以外には、妊娠すると運動不足になりやすいということも便秘の原因としてあげられます。
特に初めての妊娠の場合、慎重になりすぎて、極端に動かなくなってしまいがちです。
ですが、運動不足になると腹筋が弱くなったり、腸の働きが鈍くなったりすることで排便が起こりにくくなります。
さらに、筋力が落ちていると、出産が難産になる可能性が高いと言われています。

ですから、妊娠の経過が順調であれば、必要以上に慎重になりすぎず、ヨガやウォーキングなどの軽い運動を、継続して行うようにしましょう。適度な運動は、便秘にならないためにも、出産を軽くするためにも良いことです。

赤ちゃんが便秘になってしまうと、とても苦しそうで本当にかわいそうですね。

もし、赤ちゃんが便秘になってしまった場合、「綿棒浣腸」で、便秘を解消してあげましょう。
この「綿棒浣腸」は、直接、肛門を刺激することで、大腸の排便反射を誘発し、便秘を解消します。
まず、ベビーオイルを塗った綿棒を、便秘の赤ちゃんの肛門に、2cmほど入れてくるくると回し、刺激を与えてあげます。
この刺激によって、排便を促すという方法です。

うちの子供も、何度となく行った事のある便秘解消法ですが、かなり効きました。

「綿棒浣腸」は大変、即効性のある便秘解消法です。綿棒を抜くのと同時に排便をしてしまう赤ちゃんもいます。
ですから、まず準備が必要です。排便の量は、大量の場合もあります。辺りを便で汚さないために下に新聞紙やオムツなどを、少し広めに敷いておくといいでしょう。綿棒を入れる前に、お腹を暖めてあげると効果があります。

また、便秘を解消するために普段から、足を持って交互に足踏みのように動かしてあげたり、おへその周りをのの字を書くように丸くマッサージしたりすることもの大切です。お風呂に入った時、湯船につかりながら、肛門をちょっと刺激してあげるのも効果があります。

首が据わり、頭を自分で上げることの出来る赤ちゃんなら、腹ばいの姿勢にしてあげると、お腹の刺激にもなります。
この体勢で、頭を持ち上げようと力を入れたのがきっかけで、排便が起こり、上手く便秘が解消されることもあります。

他には、赤ちゃんのお腹の調子を整えるために、便秘に効く食材を積極的に使った離乳食というのもの効果があります。
便秘気味の赤ちゃんの離乳食には、便を柔らかくするペクチンが多く含まれている人参やトマトを、積極的に取り入れてあげるといいですね。バナナをつぶして、ヨーグルトと一緒にあげるのも、いいでしょう。
また、便秘の時には、オレンジやみかん、キウイなどの、果汁を搾ってあげるといいでしょう。
これらに含まれる果糖には便を軟らかくする働きがあるといわれています。

便秘は、大人だけの病気ではありません。子供や赤ちゃんも便秘になることがあります。

大人の便秘と違って、子どもや赤ちゃんの便秘は、水分不足が主な原因であるといわれています。
子どもや赤ちゃんは、大人が考える以上に水分を発散しているのです。
ですから、周りの大人が注意して、意識して水分を取らせてあげることで、子どもや赤ちゃんの便秘の症状は改善されることがあります。

子どもや赤ちゃんの場合は、排便がなく苦しいということを、言葉で訴えることができません。
また、遊びに夢中になって、我慢してしまうこともありますから、大人が注意しなければなりません。
毎日、排便があった赤ちゃんが急に出なくなったときなどは、気をつけてあげましょう。

赤ちゃんの便秘には、何日出なければ便秘、どれぐらいの硬さであれば便秘という決まりはありません。
ですが、便がとても硬く、排便のたびに強くいきんで肛門が切れてしまうという状態は、便秘と判断してもいいでしょう。

赤ちゃんは、便秘になってしまうと、機嫌が悪くなります。次第に、ミルクの飲みも悪くなり、ひどくなると嘔吐などの症状が出てきてしまいます。母乳と粉ミルクの混合や粉ミルクでの授乳の場合、ミルクの濃さによって、便秘になったり下痢になったりします。
また、各メーカーによっても、体質に合う・合わないがあり、便秘になってしまうこともあるようです。
2~3ヶ月のミルクだけの赤ちゃんでも、便秘は起こります。

うちの子供も、1ヶ月頃に、何日か排便がなかったことがありました。そしてある日、オムツを変えようとした時に真っ赤になって、いきみ、大量の便を出した後、とてもすっきりした顔で、眠りました。


また、便秘を経験する子が特に多いのが、離乳食が始まった赤ちゃんでしょう。
それまでは、水分だったのが、多少ドロドロとした、形のあるものになったわけですから、それまでとは、腸の動きも変わってきます。
離乳食は、無理をせずゆっくり進めましょう。
離乳食が始まると、便も少しずつ形がついてきます。また、臭いや色も大人に近づいてきます。
食材によっては、便に色が着くこともありますから、便秘気味だと言っても、焦らないで、前の食事を思い出してみましょう。

赤ちゃんは、苦しい状態などを自分で話すことができません。
ですから、毎日の食事の内容や量、排便の回数や量などをチェックしておくようにしましょう。
そうすれば、赤ちゃんの便秘の状態に早く気がついてあげることができます。
このチェックは、便秘だけのものではありません。風邪や、アレルギーなども発見することができます。

子どもや赤ちゃんは、硬い便のために、排便のたびに痛みを感じると、排便を恐がるようになってしまいます。
「排便を使用とすると痛い。痛いから怖い。怖いから排便しない。」となって、便秘の症状がひどくなってしまいます。

そうなる前に、かかりつけの小児科を受診して、便秘解消のための整腸剤などを処方してもらうといいでしょう。
また、普段から、マッサージや赤ちゃん体操なども、してあげましょう。

便秘は、原因や症状から、『器質性便秘』と『機能性便秘』の2つに分けることができます。

『機能性便秘』は、腸のぜん動運動が低下していることが原因のことが多い便秘です。
このタイプの便秘は、食生活や生活習慣の見直し、適度な運動、ストレス解消などを行い、腸内環境が改善されれば、便秘を改善することができます。

しかし、『器質性便秘』(症候群性便秘)の場合は、腸自体に解剖学的な異常があったり、病気が原因で起こる便秘なので、生活の見直しということだけでは、便秘を改善することはできません。

例えば、生まれつき“巨大性結腸”や“S状結腸過長症”である場合、先天的な『器質性便秘』となります。

また、大腸憩室や直腸がん、結腸がん、クローン病などの病気が原因で起こる便秘を、後天的な『器質性便秘』といいます。
後天的な『器質性便秘』には、腸閉塞やすい臓・胆道の急性疾患により、激しい腹痛や嘔吐をともなう急性便秘の場合と、大腸憩室や直腸がん、結腸がん、クローン病など、腸や肝臓、すい臓の腫瘍や炎症などによる慢性便秘があります。
これは、腫瘍や炎症などにより、腸管内が狭くなるため、便がスムーズに通れなくなることが原因です。
急性・慢性どちらの場合でも、便秘と同時に腹痛や吐き気、下血といった症状が起こることが多いです。

他にも、虫垂炎や帝王切開など、腹部の手術の後『器質性便秘』になることがあります。
これは、手術後に腸の癒着や炎症を起こしている場合が多いです。

便に血液や粘液が付着していたり、便の形が細長かったり、平たいなど、便に異常がある場合。
また、今までにないような痛みを感じた場合には、病気が隠れているかもしれません。思い当たる症状がある場合には、早めに検査を受けるようにしましょう。

また、薬による副作用で、便秘になることもあります。抗コリン剤・抗ヒスタミン剤・咳止め・抗うつ剤・一部の血圧の薬などは、副作用で便秘になることもあるので、その場合は、必ず医師に相談しましょう。自己判断で、薬を止めたり、便秘薬を飲んだりするのは、危険です。

便秘は、原因や症状から、大きく2つの種類に分けることができます。
一つは『機能性便秘』と呼ばれるもので、もう一つは、『器質性便秘』と言われるものです。

ここでは、『機能性便秘』について説明しましょう。
『機能性便秘』とは、胃や小腸、大腸の機能が低下による、排便機能の障害によって起こる便秘のことです。

さらに『機能性便秘』は、“一過性便秘”と“習慣性便秘”に分けられます。

“一過性便秘”とは、引越しや旅行など、環境が変わったことによる、緊張やストレス、食生活の乱れなどが原因で起こります。
このタイプの便秘は、一過性といわれるように、環境に慣れることによって、比較的自然に治まってしまうことが多いです。

“習慣性便秘”は、食生活や生活習慣が原因で起こる便秘で、さらに 3つのタイプに分かれます。

1 出産後の女性や高齢者、低血圧の人に起こりやすい“弛緩性便秘”。
これは、結腸の緊張がゆるんでしまい、腸のぜん動運動や筋力の低下が原因で起こります。
便意はあるのにお腹が張ってしまうというのが特徴の便秘です。

2 仕事や人間関係などでストレスを抱えている人に多く見られる“けいれん性便秘”。
これは、疲れやストレスなど、自律神経の乱れが原因となって、大腸のぜん動運動が強くなりけいれんを起こすため便秘になります。

3 朝、ゆっくりとトイレタイムがとれないとか、トイレに立ちにくい状況などで、便意を我慢してしまう人に多い“直腸性便秘”。
これは、便が直腸まで運ばれてきているにもかかわらず、大脳にその刺激が伝わらないことが原因で起こる便秘です。
便意を我慢するということがクセになっているため、直腸の神経が鈍くなってしまったのです。

これら3つのタイプに共通して考えられることは、腸内細菌のバランスの乱れです。
ですから、乳酸菌やビフィズス菌などを積極的に摂取して、善玉菌を増やすようにするといいでしょう。

『機能性便秘』の場合、腸内環境を整えることで、便秘を解消することができるでしょう。

水分の摂取量が不足すると、便が硬くなり排便がスムーズにいかなくなり、便秘になります。

私達が食べたものは、食道から胃を通って、小腸、大腸へと進みます。
この間に、腸壁から水分を吸収されて、固形になり、便として排泄されます。

体内の水分が足りている状態では、便も適度な硬さになるので、腸の中をスムーズに進むことができます。
ですから、便の排泄も起こりやすくなります。
バナナ状や半ねり状の便が、良い便と言われていますが、その場合70~80%が水分だと言われています。


しかし、水分が70%以下になってしまうと、便が硬くなりすぎてしまい、カチカチで、コロコロとしたウサギの糞のようになってしまいます。
このようなコロコロの便は、腸の中をスムーズの通ることができなくなり、お腹に溜まってしまい、便秘となります。

水分が不足したために硬くなりすぎた便を出す時には、お腹に力を入れるため、どうしても、肛門に力がかかりすぎてしまいます。
無理に排便しようとする結果、肛門を傷つけてしまい、便秘から痔を併発してしまうことも少なくありません。

私達が1日に必要と言われる水分量は、1.5リットルと言われていますが、むくみや、尿意が起こるのを気にして、水分をあまり摂らないようにしているという女性も多いのではないでしょうか。
ですが、水分不足から便秘になってしまい、肌荒れや吹き出物というトラブルを起こしてしまうこともありますから、水分は適度に摂るようにしましょう。また、真夏やたくさん汗をかいたときなどは、意識して積極的に飲むほうがいいでしょう。

ただ、緑茶やコーヒーなどは、利尿作用があるので、飲み過ぎると、便秘の原因になりかねないので、注意しましょう。

また、小さなこどもの便秘の原因で一番多いのが水分不足だと言われています。
子供は、思っている以上に水分を発散していますから、意識して、こまめに水分を与えるようにしましょう。

水分摂取に注意して、食物繊維をたっぷりと摂るようにすることが、便秘の解消には必要です。
スムーズな排便が起こるように、バランスの取れた食生活になるように注意しましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他便秘の話題カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは便秘のいろはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11