スポンサードリンク

善玉コレステロールの働き

コレステロールには大きく分けると2つのタイプがあります。
よく『総コレステロール』と言われているものの中に、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の2つのタイプがあるのです。

ここでは善玉コレステロールについて説明しましょう。

昔から使われている『善玉コレステロール』という呼び方は、今では『HDL』と言う呼び方に変わりました。
これは、コレステロールの働きに関して、体にプラスの作用を与える物を善玉、体に悪い影響を与える物を悪玉と区別されたことに由来しています。
今ほど、コレステロールの研究が進歩していなかった時に付けられた呼び方です。

しかし、今ではコレステロールに対しての正しい理解を深める為か、善玉コレステロールと呼ばれた物はHDL、悪玉コレステロールはLDLと呼ばれることが増えてきています。
本来、コレステロールはバランスこそが大切でコレステロール自体に良いも悪いもないと言う事が分かってきたからです。

では、善玉コレステロールはどのような働きをするのでしょう。
HDL (善玉コレステロール)は、肝臓で作られたコレステロールが、LDL (悪玉コレステロール)によって体内に運ばれたあと、血管内に残った余分なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役目があります。

HDL (善玉コレステロール)によって肝臓に運ばれたコレステロールは、胆汁酸の原料となって再使用されます。
更にHDL (善玉コレステロール)は、血管内にこびりついたコレステロールを取り除く役割を持っていてます。
これらは血管内を健康に保ち動脈硬化の予防にもなります。
しかし、HDL (善玉コレステロール)は、ストレスや、喫煙によって、減ってしまいます。

きちんとした生活習慣を心がけ、善玉コレステロールを増やすように気を付けることで、動脈硬化に掛かりにくくなります。
コレステロールのバランスを保つようにして生活習慣病にかからないようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月29日 02:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悪玉コレステロールの働き」です。

次のブログ記事は「必要なコレステロールの数値」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11