スポンサードリンク

悪玉コレステロールの働き

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)と 呼ばれるものがあります。
しかし、今では LDL と HDL 呼ばれることが増え悪玉・善玉という呼びことは少なくなってきました。
悪玉コレステロールは血液中を巡って、肝臓で作られたコレステロールを肝臓から末梢へ必要とする組織に運ぶ役割を持っています。
ここでポイントとなるのが悪玉・善玉コレステロールの働きです。
悪玉コレステロールは、コレステロール補給に大切な役目を持っているのですが、体内に過剰に増えると血管に溜まったり、酸化した状態になります。
その結果、生活習慣病の発症の引き金となる、動脈硬化を引き起こします。この動脈硬化が悪化すると、血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞といった、命にかかわる病気を発症させてしまいます。

LDL が『悪玉コレステロール』と呼ばれるようになった経緯は、善玉コレステロール(HDL)のように血管内の余分なコレステロールを回収する働きが悪玉コレステロールにはなく、さらに、体へ悪影響を及ぼす為です。



ですから、悪玉コレステロールのコントロールは生活習慣病にとって、とても重要なのです。
総コレステロールの中の、悪玉コレステロール値が多い場合は数値を減らす為の治療が必要です。
しかし、本来悪玉コレステロールも体に不可欠なものなので、食生活や運動、生活習慣を見直し、いつも適正な数値であるように努めなければなりません。
コレステロールの管理をしっかりすることは、将来の糖尿病や心疾患などを予防するためにとても大切なことなのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月28日 14:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コレステロールは本当に悪者なのか?」です。

次のブログ記事は「善玉コレステロールの働き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11