スポンサードリンク

コレステロールは本当に悪者なのか?

健康診断の時に『総コレステロール』とか、『LDLコレステロール』『HDLコレステロール』などと言う言葉を良く聞きますね。
では、この『コレステロール』とは、何のことなのでしょうか?
コレステロールとは、生物の体を健康に保つ上でとても重要な働きを持つ脂質の一種・遊離脂肪酸です。
たんぱく質や炭水化物と共に三大栄養素と言われ全ての生物が持っている、とても大切な成分です。
そして このコレステロールは、“LDL”(悪玉)と“HDL”(善玉)の2つのグループに分けられます。
なぜ二つに分けられているかと言うと、コレステロールは、1784~5年 人の胆石の中から、見つかったそうです。
そして1788年、『コレステロール』と言う名前に決まったようです。
語源はギリシャ語で、『コレステリン』胆汁(コレ)の固形化したもの(ステリン)のようです。
その後1913年には、これまでのウサギでの実験結果などにより、『コレステロールが動脈硬化の原因』と判明しています。
でもこの時は、コレステロールは、悪者でした。

その後、1985年のマイケル・ブラウンやヨセフ・ゴールドスタインによる研究により、コレステロール代謝が解明され、コレステロールに関する発見が相次ぎました。
また、研究が進んだ今は、栄養学の発展とともに、生理的観点からも、『コレステロール』は体に悪いものではなく、逆に必要不可欠なものであると言うことが分かってきています。
このようにして、初めに見つかった体に悪い影響を及ぼすものを“LDL”(悪玉コレステロール)といい、その反対に、体にとって大切な働きをするものを“HDL”(善玉コレステロール)と、区別されたのです。
以前は『コレステロール』と言えば、体に悪い成分の代名詞的な存在とされていました。
でも、今ではその悪者イメージもだいぶ変わってきています。

コレステロールの、重要な働きをいくつか挙げてみましょう。
コレステロールは脂質性ビタミンのビタミンD (骨にとって、とても重要な成分)の生成にも関連があります。
また、細胞膜を安定させたり、多くのホルモンの原料にもなります。
例えば、男性ホルモン・女性ホルモン・黄体ホルモンなど、大事なホルモンはみんな、コレステロールからできているのです。

本来、コレステロールは体を正しく機能させる大切な物なのです。
でも、善玉と悪玉のバランスが崩れてしまうと、前にも書いたようにコレステロールが血管に張り付いたり、酸化するなどして動脈硬化の原因となることもあります。
ですから、普段から食生活を見直したり、少しでも運動するなどコレステロールのバランスが崩れないように
自分でコントロールする事が大切です。
そして、コレステロールの基準値に近い状態であることに注意して、いつまでも健康でいたいですね。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月27日 18:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コレステロールとストレスの密接な関係」です。

次のブログ記事は「悪玉コレステロールの働き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11