スポンサードリンク

コレステロールとストレスの密接な関係

コレステロールとストレスは、とても密接な関係であることを、ご存知でしょうか?

適度なストレスは健康に良いとされていますが、ストレスの蓄積は悪影響を及ぼすことは知られていますね。
ストレスは自律神経にダメージを与えます。そして、自律神経失調症を招き、脱毛、皮膚炎、不眠症や抑うつ症状などとして、表れることがあります。
また、コレステロールも数値が上がりすぎると、高コレステロール症や高脂血症、肝臓病など、色々な症状がでてきます。
では、ストレスとコレステロールの間の深い関連と言うのは、一体どんなことでしょう。

それは、コレステロール値は、ストレスによって左右される・・・と言うことなのです。

ストレスが過剰に掛かると必要以上に交感神経を刺激します。そのため、副腎皮質ホルモン(ストレスホルモン)のカテコールアミン
(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの総称)の分泌が活発化します。
副腎皮質ホルモン(カテコールアミン)は、血中の遊離脂肪酸の量を増加させる働きがあり、コレステロール合成を促進させます。
また、ストレスを感じた時に『やけ食い』・『やけ酒』と言われるように、ストレスを食べることで解消しようとして食事量を増やしたり
、間食したり、深酒する方も多いですよね。タバコが止められなくなる場合もあるでしょう。
でも、これらは全てコレステロール値をあげてしまいす。
それが、ストレスと、コレステロールの関係の大きな問題の、ひとつなのです。

また、血管壁にも変化が生じ、脂質代謝異状による高LDLコレステロール血症を発症させます。
これは、LDLが高いと血管の内膜にコレステロールが溜まりいわいる粥状硬化が起こります。
これが悪化すると血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞につながります。さらに、血液中の酸素を活性酸素に変えてしまいます。
活性酸素は血液中のLDL(悪玉)コレステロールを酸化させ動脈硬化の原因になります。

もう1つ。ストレスはコレステロールだけではなく、中性脂肪も増やすので、高脂血症になる可能性もあるのです。

以上が、コレステロールがストレスによって、上昇する仕組みなのです。

初めにも書きましたが、全てのストレスが悪いわけではありません。でも、ストレスとの上手な付き方は大切です。
特に『A 型タイプ人間』は、ストレスにかかりやすいと言われています。気を付けてくださいね。

ストレス解消のために、出来れば趣味を持ちましょう。運動や、音楽や園芸、旅行など、熱中できる趣味があれば、自然と気持ちの切り替えができるし、リラックスできます。また、筋弛緩法や腹式呼吸を試してみるのも、いい方法です。
ストレスを乗り越えること、または、ストレスと上手く付き合って行くことが、コレステロールをあげずに安定させる為に
重要になってくるのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月26日 01:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コレステロールは遺伝するの?」です。

次のブログ記事は「コレステロールは本当に悪者なのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11