スポンサードリンク

コレステロールの本当の働きって、ご存知ですか?
今までは、コレステロールの健康被害の面ばかりがクローズ・アップされて、とっても悪者のような扱いでしたが、多くの大切な働きがコレステロールにはあるのです。

コレステロールは主に肝臓・皮膚などでつくられます。そして、血液に乗って体中を廻り体の細胞の外壁にあたる
細胞膜を作る原料となります。ですが、コレステロールは脂の一種なのでほとんど水に溶けません。
水を主成分とする血液に乗せるには『リポ蛋白』と言う船のようなものに守られながらに全身に運ばれます。
そして、肝臓から血漿・末梢へ。そこからまた血漿を通り肝臓に戻ります。(血漿循環 )

また、コレステロールは、脂肪の消化を助ける作用を持つ胆汁の前物質である胆汁酸の原料となっています。
コレステロールはこの胆汁酸とリポ蛋白によって運ばれ、胆汁・小腸を通りまた肝臓に戻ります。(胆肝循環)

この時にコレステロールを運ぶリポ蛋白。実は、このリポ蛋白に『LDL』『HDL』があるのです。
肝臓から末梢へ運ぶのはLDLリポ蛋白が担当し、これを「悪玉コレステロール」、組織(おもに遅筋)から肝臓へ運ぶHDLリポ蛋白を「善玉コレステロール」と呼んでいます。


コレステロールは、特に肝臓・脊髄・脳といった臓器に大量に含まれていますが、私達の体のあらゆる組織にあり細胞膜を作っています。
そして、細胞膜の柔軟性を保って安定させるために、適度な硬さとハリを与えてくれています。

ですから、コレステロール値が、高すぎても、低すぎても体に支障が出てしまいます。
高くなると、『高脂血症』や『動脈硬化』などの危険性が高まりますし、逆に低すぎると、血管が破裂しやすくなったり、肝臓病の疑いが出てきます。
バランスが大事なのです。

また、コレステロールは、副腎皮質ホルモンのコルチゾール、男性ホルモンのプロゲステロン、女性ホルモンのエストロゲン、など
ステロイドホルモンを作るためのとても必要な成分となります。


コレステロールの重要な役割は他に、脂溶性ビタミンの代謝があります。これは、体が正常な機能を維持する為に、ビタミンA、D、Eなどに代表される脂溶性ビタミンの代謝にも作用しています。

コレステロールのこのような、詳しい働きが解明されてからは、コレステロールの基準値を守るように、健康診断などでも指導がされるようになりました。
コレステロールが多すぎると体に悪いのは確かな事ですが、低すぎてもダメなんですよね。
コレステロールは動物の体を維持するにはとても重要なものなのです。

普段から、コレステロール値の変化にはできるだけ気を付けておきたいものです。
ですが、コレステロールの値が変化しても自覚症状がないので、なかなか自分では気が付きません。
コレステロール値の変化は検査を受けない限り分からないのです。
だからと言って、常に検査することも大変ですよね。
そこで、これから簡単なチェックをしてみましょう。
コレステロール値が高くなっていないかどうか、食事・生活習慣・体質 の3点からチェックします。

では、まず食事面でのコレステロール・チェック。

1、魚より肉類が好き。
2、野菜や海草は苦手。食物繊維の不足が気になる。
3、トンカツや唐揚げなどの揚げ物や、甘い物が大好き。
4、アルコールをよく飲む。

次に、生活習慣についてのチェック。

5、運動不足である。
6、会社や家庭でのストレスが溜まっている。
7、普段からタバコを吸っている。
8、睡眠不足である。

最後に体質に関するチェック。
体質的に太りやすい方もいますが、肥満にはコレステロールも大きく関係しています。

9、最近太ってきた。
10、家族にコレステロール値が高い人がいる、あるいは高脂血症* の人がいる。
(*『高脂血症』とは、血液中の脂質が異常に多い状態のこと)

以上。当てはまる項目が多いほど、コレステロールの数値が上昇している可能性が強くなるといえます。

当てはまった数が3~5個の場合、早めに生活を改善したり、定期健診を受けるなど、コレステロール値の変化に注意しながら予防に努めましょう。

7個以上当てはまる場合、コレステロール値が高い可能性があります。
また、メタボリックシンドロームなどを発症する可能性が非常に大きいと言えます。
折を見て医師の診察を受けるのが望ましいです。

さあ、10の項目の中に当てはまるものはありましたか? 
コレステロール値の上昇は、バランスの良い食事と適度な運動で抑える事ができるのです。
普段から気を付けていきたいですね。

コレステロールの標準値ってどのくらいの数値なのでしょう?
コレステロールの標準値を知ることは、コレステロールを正しく理解する上で、とても大切なことです。
なぜなら、コレステロールの数値は、生活習慣病にも影響があるからです。
生活習慣病の対策は、コレステロールや中性脂肪のバランスが自分の数値と比較して、どうなのか調べることから始まります。
一般的に言われているのは、総コレステロールは220未満、善玉コレステロール(HDL)40以上、悪玉コレステロール(LDL)140未満、中性脂肪150未満が、コレステロールの標準値とされています。
これらの数値と、同じくらいならば、特に対策は必要ないと言えるでしょう。
でも、もしも自分の数値が大きく外れるようなら早めに対策を考える必要があるでしょう。

ここで1つ。『中性脂肪』とは、どんなものなのでしょう。
中性脂肪もコレステロールと同じ血液中の脂質の仲間で、糖質の2倍以上のエネルギーを持っていて私達のエネルギー源になったり、臓器を守ってくれたり、体温を一定に保ってくれたりと、とても大切な成分です。
その反面身体は、この脂肪を溜め込むように出来ています。
ですから、コレステロールの数値が多いと言うことは血液内の脂肪も多いと言う事になります。
中性脂肪は多すぎると、悪玉コレステロールと一緒になって、体に悪い影響をもたらします。
それが、生活習慣病と言われるもので、高脂血症から動脈硬化、更にはメタボリック・シンドロームを発症させるリスクを高くするのです。だから、コレステロールが多い方は特に注意が必要になるわけです。

でも、自分の数値が標準より高いからといっても必ずしも悲観することはないようです。
その訳は、長生きする方の多くは、統計的に見てコレステロール値が高い場合が多いと言われているからです。
このことからも、健康体を長く保つためには、コレステロールは、HDLとLDL共に体にとって不可欠なものなのは確かなのです。
ただし、そのためにはコレステロール値の適正なバランスが取れていることが、大切なのです。
さらに、生活習慣病対策に役立つのが、“BMI”。これは、『ボディマス指数』と言って、肥満度を表します。
自分のコレステロール値に合わせて、BMIも知っておくのも良いことです。
BMIは身長(m)×身長(m)÷体重(kg)で求められます。
これで出た数値(BMI)が 22の場合その時の体重は標準体重。BMIが18.5未満の場合を低体重、BMIが25以上だと肥満。
と言う目安になります。この計算・・小学校・中学校の頃の健康診断の時に計算した経験・・ありませんか?
簡単な計算で求められる肥満度チェック。細かな数値は抜きにして、『肥満は、体に良くない』と言うことは子供の頃から言われていましたね。
生活習慣病などの予防のためには、まず定期検診を受けること。
そして、コレステロール値に注目しながら、診断結果の自分の数値に変化がないかどうか気を配ることが大切なのではないでしょうか。

コレステロールには大きく分けると2つのタイプがあります。
よく『総コレステロール』と言われているものの中に、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の2つのタイプがあるのです。

ここでは善玉コレステロールについて説明しましょう。

昔から使われている『善玉コレステロール』という呼び方は、今では『HDL』と言う呼び方に変わりました。
これは、コレステロールの働きに関して、体にプラスの作用を与える物を善玉、体に悪い影響を与える物を悪玉と区別されたことに由来しています。
今ほど、コレステロールの研究が進歩していなかった時に付けられた呼び方です。

しかし、今ではコレステロールに対しての正しい理解を深める為か、善玉コレステロールと呼ばれた物はHDL、悪玉コレステロールはLDLと呼ばれることが増えてきています。
本来、コレステロールはバランスこそが大切でコレステロール自体に良いも悪いもないと言う事が分かってきたからです。

では、善玉コレステロールはどのような働きをするのでしょう。
HDL (善玉コレステロール)は、肝臓で作られたコレステロールが、LDL (悪玉コレステロール)によって体内に運ばれたあと、血管内に残った余分なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役目があります。

HDL (善玉コレステロール)によって肝臓に運ばれたコレステロールは、胆汁酸の原料となって再使用されます。
更にHDL (善玉コレステロール)は、血管内にこびりついたコレステロールを取り除く役割を持っていてます。
これらは血管内を健康に保ち動脈硬化の予防にもなります。
しかし、HDL (善玉コレステロール)は、ストレスや、喫煙によって、減ってしまいます。

きちんとした生活習慣を心がけ、善玉コレステロールを増やすように気を付けることで、動脈硬化に掛かりにくくなります。
コレステロールのバランスを保つようにして生活習慣病にかからないようにしましょう。

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)と 呼ばれるものがあります。
しかし、今では LDL と HDL 呼ばれることが増え悪玉・善玉という呼びことは少なくなってきました。
悪玉コレステロールは血液中を巡って、肝臓で作られたコレステロールを肝臓から末梢へ必要とする組織に運ぶ役割を持っています。
ここでポイントとなるのが悪玉・善玉コレステロールの働きです。
悪玉コレステロールは、コレステロール補給に大切な役目を持っているのですが、体内に過剰に増えると血管に溜まったり、酸化した状態になります。
その結果、生活習慣病の発症の引き金となる、動脈硬化を引き起こします。この動脈硬化が悪化すると、血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞といった、命にかかわる病気を発症させてしまいます。

LDL が『悪玉コレステロール』と呼ばれるようになった経緯は、善玉コレステロール(HDL)のように血管内の余分なコレステロールを回収する働きが悪玉コレステロールにはなく、さらに、体へ悪影響を及ぼす為です。



ですから、悪玉コレステロールのコントロールは生活習慣病にとって、とても重要なのです。
総コレステロールの中の、悪玉コレステロール値が多い場合は数値を減らす為の治療が必要です。
しかし、本来悪玉コレステロールも体に不可欠なものなので、食生活や運動、生活習慣を見直し、いつも適正な数値であるように努めなければなりません。
コレステロールの管理をしっかりすることは、将来の糖尿病や心疾患などを予防するためにとても大切なことなのです。

健康診断の時に『総コレステロール』とか、『LDLコレステロール』『HDLコレステロール』などと言う言葉を良く聞きますね。
では、この『コレステロール』とは、何のことなのでしょうか?
コレステロールとは、生物の体を健康に保つ上でとても重要な働きを持つ脂質の一種・遊離脂肪酸です。
たんぱく質や炭水化物と共に三大栄養素と言われ全ての生物が持っている、とても大切な成分です。
そして このコレステロールは、“LDL”(悪玉)と“HDL”(善玉)の2つのグループに分けられます。
なぜ二つに分けられているかと言うと、コレステロールは、1784~5年 人の胆石の中から、見つかったそうです。
そして1788年、『コレステロール』と言う名前に決まったようです。
語源はギリシャ語で、『コレステリン』胆汁(コレ)の固形化したもの(ステリン)のようです。
その後1913年には、これまでのウサギでの実験結果などにより、『コレステロールが動脈硬化の原因』と判明しています。
でもこの時は、コレステロールは、悪者でした。

その後、1985年のマイケル・ブラウンやヨセフ・ゴールドスタインによる研究により、コレステロール代謝が解明され、コレステロールに関する発見が相次ぎました。
また、研究が進んだ今は、栄養学の発展とともに、生理的観点からも、『コレステロール』は体に悪いものではなく、逆に必要不可欠なものであると言うことが分かってきています。
このようにして、初めに見つかった体に悪い影響を及ぼすものを“LDL”(悪玉コレステロール)といい、その反対に、体にとって大切な働きをするものを“HDL”(善玉コレステロール)と、区別されたのです。
以前は『コレステロール』と言えば、体に悪い成分の代名詞的な存在とされていました。
でも、今ではその悪者イメージもだいぶ変わってきています。

コレステロールの、重要な働きをいくつか挙げてみましょう。
コレステロールは脂質性ビタミンのビタミンD (骨にとって、とても重要な成分)の生成にも関連があります。
また、細胞膜を安定させたり、多くのホルモンの原料にもなります。
例えば、男性ホルモン・女性ホルモン・黄体ホルモンなど、大事なホルモンはみんな、コレステロールからできているのです。

本来、コレステロールは体を正しく機能させる大切な物なのです。
でも、善玉と悪玉のバランスが崩れてしまうと、前にも書いたようにコレステロールが血管に張り付いたり、酸化するなどして動脈硬化の原因となることもあります。
ですから、普段から食生活を見直したり、少しでも運動するなどコレステロールのバランスが崩れないように
自分でコントロールする事が大切です。
そして、コレステロールの基準値に近い状態であることに注意して、いつまでも健康でいたいですね。

コレステロールとストレスは、とても密接な関係であることを、ご存知でしょうか?

適度なストレスは健康に良いとされていますが、ストレスの蓄積は悪影響を及ぼすことは知られていますね。
ストレスは自律神経にダメージを与えます。そして、自律神経失調症を招き、脱毛、皮膚炎、不眠症や抑うつ症状などとして、表れることがあります。
また、コレステロールも数値が上がりすぎると、高コレステロール症や高脂血症、肝臓病など、色々な症状がでてきます。
では、ストレスとコレステロールの間の深い関連と言うのは、一体どんなことでしょう。

それは、コレステロール値は、ストレスによって左右される・・・と言うことなのです。

ストレスが過剰に掛かると必要以上に交感神経を刺激します。そのため、副腎皮質ホルモン(ストレスホルモン)のカテコールアミン
(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの総称)の分泌が活発化します。
副腎皮質ホルモン(カテコールアミン)は、血中の遊離脂肪酸の量を増加させる働きがあり、コレステロール合成を促進させます。
また、ストレスを感じた時に『やけ食い』・『やけ酒』と言われるように、ストレスを食べることで解消しようとして食事量を増やしたり
、間食したり、深酒する方も多いですよね。タバコが止められなくなる場合もあるでしょう。
でも、これらは全てコレステロール値をあげてしまいす。
それが、ストレスと、コレステロールの関係の大きな問題の、ひとつなのです。

また、血管壁にも変化が生じ、脂質代謝異状による高LDLコレステロール血症を発症させます。
これは、LDLが高いと血管の内膜にコレステロールが溜まりいわいる粥状硬化が起こります。
これが悪化すると血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞につながります。さらに、血液中の酸素を活性酸素に変えてしまいます。
活性酸素は血液中のLDL(悪玉)コレステロールを酸化させ動脈硬化の原因になります。

もう1つ。ストレスはコレステロールだけではなく、中性脂肪も増やすので、高脂血症になる可能性もあるのです。

以上が、コレステロールがストレスによって、上昇する仕組みなのです。

初めにも書きましたが、全てのストレスが悪いわけではありません。でも、ストレスとの上手な付き方は大切です。
特に『A 型タイプ人間』は、ストレスにかかりやすいと言われています。気を付けてくださいね。

ストレス解消のために、出来れば趣味を持ちましょう。運動や、音楽や園芸、旅行など、熱中できる趣味があれば、自然と気持ちの切り替えができるし、リラックスできます。また、筋弛緩法や腹式呼吸を試してみるのも、いい方法です。
ストレスを乗り越えること、または、ストレスと上手く付き合って行くことが、コレステロールをあげずに安定させる為に
重要になってくるのです。

コレステロールの数値が多いのは、必ずしも、太った方だけではありません。
『食事にも気を付けているし、どちらかと言えば痩せている方なのに・・・なぜ?』と、思った方もいると思います。
そのような方は、体質的にコレステロールが多いと言う方なのです。
体質的に・・・と言われると、ほとんどの方はコレステロール値が遺伝するかどうか、気になってしまいますよね。
一般的には、コレステロールに関する体質も、遺伝すると言われています。
それは、アレルギーや癌などの発症が、体質の遺伝に大きく作用されるのと同じことなのです。
例えば、年もまだ若いし、生活習慣に対しての対策もしているのに、なかなかコレステロール値が改善しない・・・などと言う場合。
その多くは、体質が遺伝したことによるものでしょう。
ご両親ともに高脂血症を発症していたり、心筋梗塞、脳梗塞で死亡した人が多い場合などは、遺伝している可能性があるので注意が必要です。

遺伝する体質には2種類のタイプがあります。
一つは、LDLレセプターに問題がある場合。LDLレセプターとは悪玉LDLコレステロールが細胞に取り込まれるために、結合しなければならないものなのですが、その、異常なレセプターを両親あるいは片親から、遺伝してしまった場合。
(若い世代から問題となるのは、両親とも遺伝子が異常な場合のみ)

もう一つは、中性脂肪も高くなってしまうタイプ。
日本では、この、中性脂肪も、コレステロールも高くなってしまうタイプが多いようです。

でも実際に『遺伝』とか、『体質的に増えやすい』とされるケースは、全体のおよそ15%ほどで、あとは、生活習慣によるものの方が多いようです。

仮に遺伝的に中性脂肪が高くなるタイプであっても、成人して食生活が悪くならなければ、高脂血症にはならないこともあるのです。
コレステロールは遺伝と関係があるといっても、コレステロールは、タンパク質の多すぎる食事・運動の習慣がない・
アルコールやタバコ・など、健康にダメージを与える悪い生活習慣が原因で高くなるのです。
生活習慣病は誰でも掛かる可能性のある疾病であることを、忘れないで下さい。

普段から高コレステロール血症や高中性脂肪血症に掛かりやすい体質であることを、よく理解し、健康な毎日が送れるようにしたいものです。
それには、定期的に検診を受けたり、生活習慣病に掛からないようコレステロールに配慮した正しい生活習慣で、生活することが、大切なのではないでしょうか。

血液検査・・・職場の定期健診や人間ドックなどでは、必ず行われる検査のひとつですね。
そして、血液検査で調べる項目に必ず、コレステロールの数値はあります。
血液検査の結果をみると、T-cho(総コレステロール) LDL(悪玉コレステロール) HDL(善玉コレステロール) TG(中性脂肪)と、書いてある項目を見かけます。これが、『コレステロール値』を表している項目です。

この、コレステロール値が高いと発症しやすいといわれる、『高脂血症』。
コレステロールや中性脂肪など血液中の脂質が基準値よりも増えている状態なのですが、普通の血液検査よりさらに詳しい検査(高脂血症検査)を受けることによって、より確実な結果を得る事が出来ます。

『高脂血症検査』と言っても、普通の検査とさほど変わりはなく、採血した血液をさらに詳しく調べる・・・と言ったところでしょうか。
この検査によって測定された、総コレステロール・ HDL(善玉)・LDL(悪玉)・TG(中性脂肪)それぞれの数値によって、高脂血症は3つのタイプに分けられます。そして、その3つのタイプ それぞれに対しての対処法の判断も付けやすくなるのです。

ただ普通の血液検査と違うのは、12時間以上食事をせずに採血すると言うこと。
なぜそうするのか・・と言うと、採血直前の食事の影響を受けた中性脂肪の数値は、食事後での採血ではほとんどの場合上昇してしまい、正確な結果が出せないからです。ですから、午前9時に採血するのであれば前日の夜9時以降からは何も食べないようにして、当日の朝食も抜いた状態で採血するようにします。

血液は絶えず入れ替わりを繰り返し、約4ヶ月で新しい血液になると言われています。コレステロール値の変動がみられたら、早めに生活習慣の改善を心掛けるようにしましょう。コレステロールは変化しても自覚症状がほとんどないとされています。こまめな検査を受けることは病気予防や健康維持に役立ちます。また、生活習慣病を防ぐための、早期発見にも繋がりますね。

今や生活習慣病は小学生ぐらいの子供のうちから始まっていると言われ、成人前の患者の数も増えていると言います。
以前なら中年以後の方が気にすることの多かったコレステロール。『メタボ検診』も、老若男女問わず行われるようになりました。
それだけ、健康への意識が高まっている時代なのです。


ですから、年に1回は健康診断や、人間ドックで、自分の体のチェックをするようにしましょう。
定期的な検診は生活習慣病に限らず、全ての健康管理の上でとても大切なことなのです。

コレステロールの数値について、以前の医学界では“少なければ少ないほど良い”というのが定説でした。
しかし、長生きしている方の多いくはコレステロール値が高い事が分かってきています。

現在基準としている『総コレステロール(T-cho) 120~220mg/dl 血中のコレステロール』は、米国での調査で、30・40歳代の男性で、コレステロール値220以上の場合に心筋梗塞が多かったと言うデータによるものです。
ですが、女性や50歳以上の男性では、数値が280程度以上の場合に心筋梗塞が増えるとされています。


また、60歳以上の方の総コレステロール値と死亡率との関係を調べたところ、最も死亡率が低くなるのは、『コレステロール値220~239のケース』という結果が得られたのです。(高齢者に限定した条件で調査)

更に、コレステロールとガンの関連性をみても、コレステロール値160未満がガンの発症率が最も高く、最も発症率が低かったのはコレステロール値が240以上のグループだったというデータがあります。

このことから、中高年の場合コレステロールは多少高いくらいでも、不安に感じる必要はないといえるでしょう。
逆に、生活習慣病にかかる子供が増えてきている今、若い年代のコレステロール値は低めの方が望ましいでしょう。

コレステロールは動物にとって生命活動に欠かせない物質です。
細胞膜やホルモンなどの原料となるコレステロールが少ないということは死亡率にも影響を与えるのかもしれません。

日本では中高年女性の半数以上が高コレステロール血症とされていますが、平均寿命を考えると、女性の方が長生きですよね。

だからといって、高くても良いかと言うと、そんなことはなく、高コレステロールが問題なのは、心筋梗塞などの生活習慣病を発症しやすい状態にしてしまうことなのです。

また、LDL(悪玉コレステロール)ばかりが増えてコレステロールが高くなったのでは大きな問題です。

コレステロールと長生きの関係まだ、調査段階で明らかになっていない部分も多いのですが、やはり健康を保つポイントは適正な数値を保持する事ではないでしょうか。